2014年08月07日

セミの羽化について思うこと

昨夕はセミの羽化観察会でした。
毎年、真夏の日比谷公園で開催している恒例行事。
主催はNACOT(NACS-J自然観察指導員東京連絡会)です。
JTP140806_0062.jpg
老若男女50名ほどの参加者をお迎えしました。
JTP140806_0104.jpg
暗くなると、セミの幼虫が地上に出てきて木に登り、羽化します。

セミの羽化は、幼虫から直接、成虫になる不完全変態です。
ほかの昆虫の羽化に比べて、観察しやすく、短い時間で観察できます。
羽化は美しく、不思議で、神秘的です。何回見ても、見飽きません。
JTP140803_9921.jpg
ツクツクボウシの羽化

観察会中、子どもたちが少し騒いでいました。
「この幼虫、なんかおかしいよー」
JTP140806_0094.jpg
見ると、一匹のセミの幼虫が、たくさんのアリにたかられて
弱っていました。いや、弱っていたのでアリにたかられたのかもしれません。
その時、案内していた仲間の指導員が「かわいそうだねー」と言いました。
私は、その言葉に違和感を覚えました。なぜなら、それは自然界で
ごく当たり前の営みであり、そういうものだからです。
私は「かわいそうなのではなく、アリの役に立っているんですよ」と
口を出しました。仲間は「5年も待って、やっと地上に出たのに」という。
私は「5年間生きて、他の生き物の糧になって生命をまっとうしたのです」と
言い直しました。子どものそばにいたお母さんは、
「そういう見方もできるんですね」と言いました。

自然界にはセミを食べる生き物がたくさんいます。
夕方になると、どこからかヒキガエルが出てきます。
暗くなると、セミの幼虫が地上に出てくることを知っているのです。
JTP140806_0113.jpg
今夕は大勢の人がいるからか、とまどっていたアズマヒキガエル

木に登っていた幼虫がキイロスズメバチに襲われ、
何回も何回も体をもぎとられていました。
JTP140806_0134.jpg
スズメバチは何往復もしていました。

どちらも、他の生き物の糧となって天寿をまっとうしたのです。
アリやカエル、スズメバチだけではありません。
セミに寄生するヤドリガ、ハシブトガラス、シジュウカラや
ヤマガラなどの小鳥、タカの仲間のツミ、土の中ではモグラ、
細菌類、冬虫夏草のセミタケなど。幼虫も成虫も、多くの生き物と
つながり、その糧にされているのです。
すべての幼虫が無事に羽化できてしまったら、これらの生き物たちが
困ることになります。生態系のバランスが崩れてしまうのです。

無事に羽化する幼虫、他の生き物の糧になる幼虫。両方いるのが、
ごく当たり前の自然界の営みです。
今日の観察会のテーマはセミですが、セミを主役だと考えたり、
えこひいきするのは間違っているのです。

5年間生きてきたことを無駄にしてしまうのは、観察会中に
私たちが幼虫を踏み殺してしまうこと。それこそ、かわいそうです。
羽化の観察会では極力、足元に注意して移動しなければなりません。

JTP140806_0131.jpg
短い時間に、身近な環境でこれだけのことを学べるのです。
とくに子どもたちには、こういう自然観察の経験が絶対不可欠です。
生命や生き物、自然の大切さと尊さをライブで知ることができるからです。
若年層の猟奇的な事件が後を絶たないのも、こういう経験が不足している
からかもしれません。私たちの活動には大きな責任と意義があるのです。

JTP140731_9753.jpg
美しく、不思議で、神秘的なセミの羽化は、
多くのことを教えてくれます。

ジョー


posted by 染井六 at 16:09| 東京 ☀| Comment(0) | 昆虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月27日

アブラムシの季節


こんにちは!
むろあじです。


わたしがベランダで育てているニンジンの花、
つぎつぎと咲いてきれいなのですが、
いつの間にやらあいつらがはびこっていました。

そう、アブラムシ。

にくい、びっしりくっついているその姿がにくい。
細い口で茎から汁をチュッチュと吸っていてにくい。

毎日たたかっています。
そしてきもちわるいので写真は撮りません。



DSC_2326.jpg
久しぶり、リクだよ。
大きくなって、流木と体幅が合っていないところがかわいい。




会社近くの公園の花も、よく見てみると
アブラムシがいっぱいくっついています。

そこへアリさんがやってきて、
触角でアブラムシのおしりをノックします。
(写真が見づらいので2段階クリックしてください(>ω<))



DSC_2417.jpg

DSC_2415.jpg
「トントントン、あれください。」


すると、アブラムシはおしりから甘い汁を出します。
アリはアブラムシから汁をもらうかわりに、
テントウムシなどの敵がきたら追い払います。
わりと知られている共生の話ですね。


おとぎ話風にするとかわいいですが、
しかし、わたしの花にくっついてるやつらは容赦しませぬ。

(むろあじ)




posted by 染井六 at 11:48| 東京 ☁| Comment(0) | 昆虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月20日

モフモフのトラマルハナバチ 


こんにちは!
むろあじです。


梅雨だというのに、関東は青空の日が多いですね。


会社近くの公園では、たくさんのトラマルハナバチたちが
花から花へブンブン飛びまわり、せっせと蜜を集めています。


トラマル1.jpg
アベリアの花に頭を突っ込んで蜜を吸うトラマルさん。


マルハナバチの仲間は、モッフモフの毛でおおわれた
丸っこいフォルムがとてもかわいいのです。


人が近くにいてもあまり気にせず蜜を集めているので、
観察しやすい昆虫です。


トラマル2.jpg
(あきざる撮影)
長い口で蜜をチュチュッと吸います。


蜜を集めるときに体の毛に花粉がつくので、
優秀な花粉媒介者でもあります。


それと、同じ公園でオオスカシバもよく見ます。
オオスカシバはガなのですが、ガに見えません。


スカシバ.jpg
(あきざる撮影)
長い口で蜜を吸うオオスカシバさん。


透明な羽に黄緑色の体。赤っぽい帯模様が目立ちます。
そしておしりに毛がボーボー生えてる。


ハチと姿が似ていて(いわゆる擬態)、
鳥などの天敵に狙われにくいともいわれますが
実際はどうなんでしょうかね。


トラマルハナバチもオオスカシバも
都会の庭や公園でもよく見られます。
見つけて観察してみてください。

(むろあじ)




posted by 染井六 at 12:03| 東京 🌁| Comment(2) | 昆虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。