2014年04月11日

甲信越の旅B 野沢温泉〜新潟(自宅)


こんにちは!
むろあじです。


先週先々週に引き続き、18きっぷで行く甲信越の旅。
一応今回が最後ですゆえ・・・。


前回は長野県の野辺山でしたが、
今度はそこから野沢温泉へ移動しました。

野沢温泉はですね、なんと外湯が13カ所もあって、しかも無料なんです。
地元の方たちが管理してくれているのです。
野沢温泉観光協会→http://www.nozawakanko.jp/spa/sotoyu.php

ということで、野沢温泉では外湯めぐりをしましたー。
私は一泊二日で6カ所の外湯に入りました。

DSC_2227.jpg
外湯の中でいちばん知られているのがこの「大湯」。
外観がきれいで趣があり、町のシンボル的存在。

夕方には、町の人たちも入りにきていました。
毎日温泉に入られるなんてうらやましー。

野沢温泉のお湯の温度は全体的に高め。
なので水を足したり、よく湯揉みをしたりして入ります。
特に入浴者の少ない午前中は激熱なので気をつけてください。

DSC_2230.jpg
そしてここは源泉の1つで麻釜(おがま)とよばれるところ。
100度近い熱湯で、もうもうと湯気を上げていました。
「熱湯で危険です。地元でゆで物をする人以外は中に入らないで下さい」

そういえば、外湯で同じときに入った女の子と話したら地元が一緒で、
その後たまたま入ったコーヒー屋でもまた会って、楽しくおしゃべりしました。
偶然の出会い、旅の醍醐味ですねー。


さてさて、野沢温泉で過ごした後は、
飯山線と上越線を乗り継いで実家に帰りました。

DSC_2248.jpg
魚野川。まだまだ雪がありました。

DSC_2256.jpg
姪っ子が見つけたフキノトウ。おいしかった。


星空がきれいなのでスマホのカメラで撮ってみました。
まぁスマホだし写ってないかなー・・・と期待せずにいたら、
なんとまぁ、たくさん星が写っていました。
(2段階クリックで大きくして見てね)

DSC_2283c.jpg
photoshopでコントラストをあげたら、こんなに写ってた。
真ん中よりちょっと右側に、星団か星雲らしきものも写っています。
(星が赤や緑になっているのは、画像処理の関係みたいです)


という感じで、楽しくお休みを過ごしました。
しかし、各駅停車の旅は、おしりが痛くなりますぞ。
お気をつけあれ。
(むろあじ)





posted by 染井六 at 16:37| 東京 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月04日

甲信越の旅A 野辺山


こんにちは!
むろあじです。

先週に引き続き、18きっぷで行った甲信越の旅です。
先週は山梨の白州蒸溜所に行った話でした。

白州蒸溜所を見学しおわったあとは
小淵沢から小海線に乗って宿泊先の長野県野辺山に行きました。
小海線は清里や小諸など観光名所がたくさんあります。
木立の中を走って気持ちのよいながめでした。

んで、野辺山駅につきましたー。
野辺山駅は、JRの駅で日本一標高が高い場所にあるそうです。


DSC_2202.jpg
かわいい駅舎です。


DSC_2203.jpg
一番高い地点にはこんな石碑が。


野辺山は星がきれいに見えるところで有名です。
国立天文台野辺山観測所もあります。

天文台までは宿泊ホテルから歩いて30分ほど。
この日は晴れていたけれどすごーく強くて冷たい風が吹いていて、
ホテルの方から「歩くのは大変だからやめておいたほうが……」
と言われたのですが、せっかくなのでと思い、
風がビュービュー吹くなか歩いて天文台まで行ってきました。


DSC_2206.jpg
途中から見える天文台のアンテナ。


DSC_2216.jpg
そして・・・着いた〜!
たくさんの電波望遠鏡のアンテナがあります。


大きなアンテナがたくさん並ぶ光景は見事です。
国立天文台野辺山観測所→http://www.nro.nao.ac.jp/


敷地内を見学して、また30分かけてホテルに戻りました。
野辺山に泊まった目的は星空観賞だったんですけど、
この日は満月で月の光が明るく、星は思ったほど見えませんでした。
でも、ホテルの方が星空の解説や望遠鏡で星を見せてくれ、楽しかったです。


DSC_2225.jpg
ホテルの窓から八ヶ岳が見えてきれいでした。


野辺山に一泊したあとは、野沢温泉に移動しました。
来週へ続く・・・。
(むろあじ)




posted by 染井六 at 12:25| 東京 ☁| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月28日

甲信越の旅@ サントリー白州蒸溜所


こんにちは!
むろあじです。

東京もサクラが咲きましたね(・▽・)
お花見シーズンだー。


さてさて、私は先週お休みをもらいました。
新潟の実家に帰るのに、山梨、長野をまわって帰ろう!
ということで、18きっぷをにぎりしめて電車に飛び乗り、
ゴトンゴトンと揺られてきましたので、そのお話をば。


まずは山梨に向けて出発。
新宿駅から山梨行きの快速に乗り、車窓から南アルプスなどの山並みを堪能。
小淵沢駅に到着したら、タクシーで10分くらい山のほうへ移動して目的地へ。

    「サントリー白州蒸溜所」

DSC_2195.jpg
ここは「白州」というウイスキーを作っている蒸溜所で、
見学と試飲ができるのです。
受付をして敷地に入ると、広い雑木林にレンガ道が。ステキ。

DSC_2168.jpg
敷地内にはウイスキーミュージアムも。

DSC_2192.jpg
こんな空気がよいところで作られているのですねー。
マツやスギなどの針葉樹やカバなどが多いみたいです。


ではでは、見学に出発ー。(静止画撮影はOK)

蒸溜所の中に入ると、発酵しているにおいが! ムワ〜ンと!

ウイスキーは穀物が原料。白州は麦から作るモルト・ウイスキー(大麦のみ)。
最初はビールと同じように麦のジュースを発酵させます。

それを蒸溜機で加熱して蒸発したものを集めて
アルコール度数の高い原液を作ります。

DSC_2171.jpg
ここが蒸溜機のある部屋。2回蒸溜するそうです。


そして樽に入れて寝かすのですが、
こちらがその部屋ですー。
もうね、部屋のにおいだけで酔っぱらいますよ。

DSC_2176.jpg
樽だらけ。部屋の奥までザザーッと。すごい。

DSC_2187.jpg
んで、その後は、試飲ですウフフ。
水割りと炭酸水割りをいただきました。


なんかね、すごーくさわやかな味のウイスキーです。
森に囲まれた蒸溜所のイメージそのままの味。
おいしゅうございました。

とても有意義な見学でした。
見学と試飲は無料なので、山梨に行ったときには寄ってみてください。
サントリー白州蒸溜所→http://www.suntory.co.jp/factory/hakushu/


ということで、次は宿泊地でもある野辺山へ移動しました。
来週へ続く・・・。
(むろあじ)



【ウイスキーメモ】
今回見学に行った「白州」はシングル・モルト・ウイスキー。
1つの蒸溜所のみで作られたモルト・ウイスキー(大麦原料)を
シングル・モスト・ウイスキーとよびます。
サントリーのウイスキーの中でも「角」や「響」は
いくつかのウイスキーをブレンドして作っているそうです。
職人さんが樽で寝かせたウイスキーの飲み頃を見極めて
瓶詰めにして出荷しているので、
買ったら早めに飲んだほうがおいしく飲めるとのこと。
時間が経つと、香りや風味が劣化していくそうです。



posted by 染井六 at 13:31| 東京 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。