2013年10月09日

秩父の誇り



埼玉県秩父地方は、よく行くフィールド。

手ごろな自然があって、

川や山など、野遊びに最適な場所です。

都内に近くて、自然があっていいとこだなー。

ぐらいの気もちでいたんですが、

先週末、東秩父の粥新田峠に迷い込んだことで、

私の中の「秩父観」が大きく変化したのです。

R0022917.jpg


林道の途中で見た標識によると、

「粥新田峠」は「秩父事件」に関係する場所とのこと。

ん? 「秩父事件」ってなに? 何? なぁに?



ちょっとwikiとかで調べてみたら、すごいことがわかっちゃった。

「日本近代史における、最大の自由民権運動」だそうです。


ん?編集室のブログにはない、社会派なことば。

よくわかりません。

ということで、いきさつを思いっきりかいつまんで(すみません)、

しごく簡単に事件を追ってみましょう(間違いがあったらごめんなさい)。



今からさかのぼること130年ほど。

秩父事件は明治17年(1884)に起きている。

そのころの日本では、人びとのくらしは貧しく、

近代化を急ぐ明治政府の圧政が強いられていて、

人権なんて思想は、ほぼなかったという。


そんななか、人びとの間からは当然のように「自由民権運動」が起こり、

その波は、秩父地方にもおよんだ。


当時の秩父地方では養蚕が盛んで、そこで作られた良質な生糸は

ヨーロッパにも輸出されるほど。

ところが不況が訪れると、農民は搾取され、

政府に搾取改善の嘆願をしても

つっぱねられるばかりか、さらに圧迫される。

そうしてついに、農民たちは武器を手にして立ち上がり、

ときの政府・警察と戦った。



それは、1884年11月1日のこと。

武州秩父郡下吉田の椋神社境内に3000余名の農民が武装蜂起し、

秩父困民党を結成する。

事態に驚いた政府はすぐさま派兵し、武装した農民を襲撃。

(今回迷い込んだ粥新田峠もその激戦地で、130年前の11月5日のこと)

R0022926.jpg
椋神社にも行きました


困民党は信州まで追撃され、八ヶ岳山麓で壊滅させられる。


この農民発起は長い間「秩父暴徒」とか「秩父暴動」と呼ばれ、

事件関係者の子孫は「犯罪者」扱いされて、

身元を隠して生きねばならず、

事件後逃亡して行方のわからない祖先の調査も

行われないまま近年に至ったという。



しかしその後、事件の全貌が明らかにされると、

「自由民権運動史上、最高の闘争形態」と評され、

「秩父事件」の歴史的評価はまさに180度転換した。

生きるか死ぬかの瀬戸際に立たされ、

まさに想像を絶する窮状からの脱出を余儀なくされた事件だったんですね。





今のこの国の形は、その時代に生きた末端の農民たちの命をかけた蜂起が

つくったものなんだと知りました。・・・しみじみ・・・・・・・・・。  

発起参加者は最盛期で8000人とも1万人ともいわれているそうです。


R0022935.jpg
困民軍と警官隊の進路図



秩父事件を題材に、NHK大河ドラマ『獅子の時代』(1980年)や、

映画『草の乱』(神山征二郎監督、2004年)がつくられました。

今度、見てみなくっちゃ。

R0022913.jpg
粥新田峠に建立された地蔵尊。
映画『草の乱』で使われなかったフィルムが埋葬されています


R0022916.jpg
地蔵尊建立記念碑

R0022914.jpg
地蔵さまにお花を供えました



過去の人びとの志に思いを馳せた週末でした。

長くなってしまってあしからず・・・。

もっと知りたい方は、コチラとかコチラ


あきざる








posted by 染井六 at 20:47| 東京 ☀| Comment(0) | 史跡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月13日

清津峡


こんにちは!
むろあじです。


9月に入ったら急に涼しい日が増えましたねー。


さてさて、先週に引き続きまたまた新潟に帰省したときのお話。
新潟話ばかりで恐縮ですが、これで最後ですゆえ・・・。

うちの近くに「清津峡」という渓谷があり、行ってきました。
今まで知らなかったんですけど「日本三大渓谷」の1つなんですって。
ちなみにあとの2つは富山県の黒部渓谷、三重県の大杉渓谷だそうです。

こんな感じの渓谷です。


DSC_1603.jpg
ドドン。


岩がすごいでしょ。
どことなく中国風な感じ。

この岩は「柱状節理」といいます。
傾いた柱のような岩が特徴。


DSC_1608.jpg
柱状節理説明。


DSC_1611.jpg
全景。深い谷になっています。


写真のむかって左に道っぽいのがあるの、わかりますか?
以前はそこを通っていたんです。
でも落石事故があって通れなくなり、
今は渓谷に沿って歩行者用トンネルがつくられました。


DSC_1586.jpg
かなりひんやり涼しい。
トンネルのところどころで渓谷を見られるようになっている。


そして渓谷を流れる清冽な清津川。


DSC_1592.jpg
心が洗われるような青だー。


DSC_1624.jpg
川に降りられる場所があって、足を浸すととても冷たい。


これからの紅葉の季節が一番きれいなので
近くに出かけた際にはぜひ行ってみてください。
近くに温泉もありますよ。

清津峡HPはこちら↓
http://www.nakasato-21.com/kiyotsu2/index2.html
http://www.tokamachishikankou.jp/modules/gnavi/index.php?lid=297

(むろあじ)


【清津峡memo】
上信越高原国立公園内にある渓谷。
新潟県湯沢町から十日町市まで続き、
信濃川の支流、清津川が流れる。
国の史跡名勝天然記念物に指定されている。
十日町市にある見学のための清津トンネルまでは
自家用車のほか、越後湯沢駅から出ている
南越後観光バスの路線バスで行くことができる。





posted by 染井六 at 11:42| 東京 ☀| Comment(2) | 史跡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月03日

ふしぎな穴



R0021971.jpg


埼玉県北部をドライブ中、

たくさん穴が開いている山を発見。

穴があったら、やはし中を確認しないとね・・・

ということで、行ってみることにした。



近くまでくると、ちゃんとした施設になっていて

入場料大人300円。

場内には、女性の声で穴の説明をしたテープが流されている。

それによると。。。



どうやら、今から1300年ほど前の、

古墳時代末期に死者を埋葬する墓穴として

掘られたものだそうです。

江戸時代中頃の文献によると

当時の人びとは、まさしく「不思議な穴」として

興味をもっていたとか。

そりゃ、ふしぎですよね。

明らかに人の手で掘られた無数の穴。

江戸の人びとは、もののけのすみかだと思っていたかもしれません。




ところが、この先にまだ話しは続きます。

大発掘が行われたのは、明治20年。

土蜘蛛人・コロボックルがすんでいた住居跡だとされました。

しかしその後、大正時代に考古学が発達して、

この「住居説」はくつがえされ、

墓穴群ということに落ち着き、国の史跡に指定されたそうです。

明治のころには、まだ残っていたロマンを感じる話しですね。





R0021952.jpg


んで、まだまだ話しは続きまして・・・

昭和に入って、太平洋戦争が勃発。

この墓穴群の地下に、軍需工場用の空間が掘られました。

ここで、零戦のエンジンがつくられていたのです。

最近、百田尚樹『永遠のゼロ』(←零戦乗りの小説)を読んでいた私は、

少し当時のようすを想像したりなんかして。。。


この、地下軍需工場跡には、入ることができます。


R0021957.jpg


ぽかんと開いた入り口の前に立つと、中から冷気が流れてきて

サンダルの足元をひやっと触って通り過ぎます。

中に入ると、冷房で冷えすぎた部屋のよう。

暗い照明がいくつかあるだけで、暗い。


R0021960.jpg


でも、目が慣れてくると、周りの壁や地面の

凸凹が見えてきて、その陰影が美しい。



ふと、こんな場所があるなんて、埼玉おもしろい。

さすが、埼玉(さきたま)古墳群を有する埼玉県!

お近くの方は、涼みがてら行ってみても。

すいているし、おすすめです。


もっと詳しい情報は、吉見町のHPへ!
http://www.town.yoshimi.saitama.jp/guide_hyakuana.html


次回は、ここに自生しているヒカリゴケのお話を。。。


あきざる


【 吉見百穴Memo 】
埼玉県比企郡吉見町にある、国指定の史跡。
「よしみひゃくあな」と読む。明治20年、
帝国大学(現東京大学)の大学院生だった
坪井正五郎博士が発掘調査を行った。現在、
219個の穴が発見されている。

開館時間 8:30〜17:00
休館日  年中無休
観覧料  大人300円 小人200円

東武東上線「東松山駅」東口よりバスで5分






posted by 染井六 at 12:01| 東京 ☀| Comment(2) | 史跡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。