2013年12月04日

生きものの冬


先週だったか、先々週だったか、

我家の庭にもジョウビタキ(♂)が現れた。

この辺りでは冬によく見られる冬鳥。

スズメより少し小さくて、オレンジや黒やグレーの羽色が美しい。


あちこちの水辺には、ハクチョウやガンなどの水鳥も次々に

飛来してきているらしい。

IMG_3837.jpg
これは、今年1月の写真 photo by Y.K.


会社で飼ってるクサガメの六(りく)は、

ほぼ食事をしなくなり、人生3回目の冬を迎えようとしています。

爬虫類の六は、食べなくなったけど、それでもまだよく動く。

それに、回数は減ったけど、今もおしっこやうんちをする。


対する、両生類のイモリは、たまーーーーにエサを食べるけれど

もともとゆっくりだった動作が、さらに緩慢に。

おしこやうんちは、よくわからない。少なくなった気がする。



みんなそれぞれ、冬に向かって、生活のスタイルを変えています。





先日、夜中に疲れて帰宅したら、

玄関にカマキリがぶら下がっていた。

写真.JPG

あら、かっこいいのがお出迎えしてくれたわ、と嬉しくなる私。

よく見ると、メスの体つき。

腹はしぼんでいて、すでにどこかで産卵をすませたようすです。


カマキリのメスは、冬が来る前に、

草の茎などに、泡に包んだ卵を産みつけます。

卵を包んでいる泡は、空気にふれるとやがてかたくなって、

冷たい空気や雪から卵を守ります。

そして、春の終わり頃になると、泡のかたまりの中から

200匹くらいの赤ちゃんカマキリが

ぞろぞろ ぞろぞろ ぞろぞろ ぞろぞろ出てきて、

茎の上を行進するでしょう。



私を迎えてくれたカマキリは、翌朝も同じ場所にいました。

太陽が空気を暖めて気温が上がるまで、動けないのでしょう。



仕事をして帰ったら、今度は、足元に転がっている

切り株のところでじっとしていました。


産卵という大きな仕事を終えて、あとは命の灯火が消えて行くのを

静かに待ってる、そういう神々しい感じがする雰囲気でした。



あきざる







posted by 染井六 at 11:17| 東京 ☀| Comment(0) | 生き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月12日

井の頭の合戦

ジョーです。やっと朝晩涼しくなってきましたね。
野鳥の秋の渡りのシーズンを迎え、私は井の頭公園での朝のフィールドワークを粘菌生活から夏鳥探しにシフトしました。そんな折に井の頭公園で連日繰り広げられている戦の話を耳に挟み、早速、合戦が行なわれているという井の頭池の畔に観に行ってみました。

130912_DSC8050.jpg

情報通り、戦は行なわれていました。しかも、激しい闘いです。
そう、キイロスズメバチ(以下、スズメバチ)がニホンミツバチ(以下、ミツバチ)の巣を襲いにかかっているのです。攻撃性が強く、戦闘能力の高いスズメバチにとって、ミツバチなど相手にもなりません。ひとたまりもなく全滅してしまうだろう……そう考えるのが普通です。ところが……

ミツバチには戦略がありました。陣形を整え、スズメバチが近づくと皆で一斉に翅を動かし振るわせて威嚇します。それは、まるで一つの大きな生き物が動いているかのようです。その動きに見とれながら、こんな映画があったなと思いました。そう、ギリシャ時代、ローマ時代の闘いを描いた映画がありました。兵士たちが陣形を整え、全員が一斉に盾を使い、一つの大きな盾を形成するようなシーンを思い出します。これはスゴい!攻撃側のスズメバチも迂闊に手が出せませんが、黙って指をくわえているスズメバチ軍団ではありません。兵員を増強してきました。


130912_DSC8014.jpg
スズメバチ側は3匹、4匹と次第に兵力を増やしてきました。これは時間の問題か……ところがそうではありません。ミツバチ軍は怖れずに陣形を整えて威嚇を続けています。来るなら来いという気迫が動きに出ていて、スズメバチは手が出せません。そう、実はミツバチ軍には驚愕の戦法があるのです。

130912_DSC8018.jpg
戦場を見回すと、累々と転がっている死体はミツバチではなく、スズメバチです。守備側のミツバチ軍も少しずつ数を減らしていますが、攻撃側のスズメバチも多くの犠牲を出しているのです。ミツバチ軍はどうやって、戦闘力の高いスズメバチをやっつけているのでしょうか。

ミツバチ軍の驚愕の戦法とは、スズメバチを焼き殺すことです。陣地に侵入してきたスズメバチに集団で一斉に取り付き覆ってしまい、スズメバチの体温を上げることで「焼き殺す」のです。一匹一匹は非力でも、皆が一致団結することで大きな力を発揮するんですね。ミツバチたちはいつどこで、この戦法を編み出したのでしょう。不思議です。

私はスズメバチ焼き殺し殺法の様子も撮影したかったのですが、攻めあぐねて苛立っているスズメバチ同士が小競り合いしている様子などを何回か見ている内に、服装が黒系だということが気になって来て(汗)とばっちりを受けない内に、戦場を離れることにしました。

次回は白い服装で観戦します。今後も井の頭の合戦から目が離せません。ジョー
posted by 染井六 at 16:35| 東京 ☀| Comment(0) | 生き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月10日

ハトに追いつめられるカラス


こんにちは!
むろじです。

この間、会社近くの公園に散歩に行ったところ、
カラスが1匹佇んでいました。

そしたら、そこへハトが集団でバサバサーッと降りきた。
私を見て「えさちょうだい」ってやってきたのかな、と思ったら・・・
(写真が見づらいのでクリックして拡大してね)

私などには脇目もふらず、カラスに詰め寄るハトたち・・・

DSC_1387.jpg
ジリジリとカラスを追いつめるハト集団・・・


ハトに気圧されてオロオロするカラス。
もしかしたら若いカラスだったのかも。

DSC_1388.jpg
そして、スゴスゴと逃げるカラス。


カラスはハトに何もしてないのに、何ででしょうね。
何となくハトの癇に障ったのでしょうか・・・

ハトも集団になると強いんだなーと思いました。
(むろあじ)



ラベル:ハト カラス 公園
posted by 染井六 at 16:16| 東京 ☀| Comment(0) | 生き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。