2015年05月08日

初夏の風 − 薫風 青嵐


こんにちは!
むろあじです。


ここのところ、さわやかな陽気が続いていますね。
初夏の日差しにやわらかい風が吹きぬけて、
今の時期がいちばん気持ちよくて過ごしやすい気がします。


DSC_2871.jpg
突然のカメ。


ご存知の方も多いと思いますが、
この初夏に吹く風を“薫風(くんぷう)”とよびます。
夏の季語にもなっていますね。
薫風:
初夏、新緑の間をぬけて吹く、緑薫る心地よい風。南風。


同じような意味の言葉に“青嵐(あおあらし/せいらん)”があります。
こちらは薫風よりもやや強い風のイメージですね。
青嵐も夏の季語。
青嵐:
新緑のころ、青葉の上を吹きわたる風。青々とした山の気。



DSC_2869.jpg
会社近くのステキな花屋さん。
ハーブを何種類か注文したので近々ベランダ園芸はじめるよ。


むむ?
この青嵐の意味のひとつ「青々とした山の気」。

風と関係ないじゃない? どういうこと?
と思って調べてみたところ、

同じ“せいらん”の読みで“晴嵐”という言葉もあり、
こちらは「晴れた日に山に立ちのぼる霞、山の気」
という意味があるとのこと。

どうやら嵐と山には関係があるらしい。
嵐って、もともとどんな意味なのかしら?
と、さらに調べたならば、

“嵐”という字は、
中国では「山に立ちこめるもや、山の気配」

などの意味があるんですって。

日本では“嵐”の字に、風をあらわす“あらし”の読みを当てたのですね

今は嵐といえば「吹き荒れる風、台風」などを指す言葉ですが、
昔は「山の風、山から吹いてくる風」というイメージだったのかもしれません。


長くなってしまいまいしたが(>△<)
名前や由来を知ると、
なんだかよけいに風が特別なものに感じますね。


************************************


連休報告。
だいたい実家でゴロゴロしてました。

んで、義姉と姪とともにテイラー・スウィフトのライブに行きましたー。
DSC_2865.jpg

なんかね、ぼんやりとしか曲を知らなかったんだけど
とても楽しかったしテイラーがかわいかったです。
気づいたら「キャー、テイラー!」って叫んでました( ̄▽ ̄)


(むろあじ)




ラベル:初夏
posted by 染井六 at 15:13| 東京 ☀| Comment(0) | 言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。