2014年10月30日

晩秋にぴったり?なイベントを開催します!

朝晩の冷え込みにも慣れてきました。
秋冬物も引っ張り出し、衣類選びにもようやく迷いが
なくなってきました。
仕事柄、あまり口にしたくないのですが、もう10月も終わりです。
あ!なぜか厳しく感じる言葉だ。事実なのに(笑)
季節は晩秋です。みなさんは何をもって秋の終わりを感じますか。

JTP141025_3662.jpg
ムラサキシメジが生えると、晩秋を感じる。
そんなあなたは、かなりのきのこ通です。
確かにムラサキシメジは晩秋に生えるきのこですね。

JTP141025_3673.jpg
カケスがどんぐりを運んでいると、晩秋を感じる。
そんなあなたは、かなりの鳥好きです。
冬に備えて貯食貯食、と。

どちらも、ちょっとマニアックですね。
そんなマニアックなイベントを晩秋に開催します!

特別図鑑外授業「海洋写真家とダイオウイカの博士が語るイカタコ撮影の裏話とダイオウイカの現在」
窪寺恒己さん、峯水亮さん トーク&サイン会 11月29日(土)15時〜
http://www.tokyodoshoten.co.jp/blog/?p=7421

ikatako_cover_s.jpg
そう、弊社が編集協力し、今年一番(?)の話題となった
「世界で一番美しいイカとタコの図鑑」(エクスナレッジ)の
関連イベントを11月29日に開催します。
ダイオウイカの窪寺先生と海洋写真家の峯水亮さんをお招きし、
神保町の東京堂書店のホールで講演していただきます。

当日は私もトークに加わって、図鑑には書けなかった「図鑑外授業」をやります。
_DSC7431.jpg
足かけ1年半、図鑑を世に送り出すまでの苦労の数々が
ここで報われます(?)

会場には全国の書店をまわったフィギュアたちが巡業を終えて
多数集結する予定です。
dux4.JPG

なぜ、今イカタコ?
冬はダイオウイカがたくさんあがる季節なのです。
2014年冬に日本海でダイオウイカが多数見つかったのはなぜか?
窪寺先生のお話をしっかりきいて、今シーズンの予想を立てましょう!

この魅力あるイベントは先着80名様限定です。
ドリンク付きで800円という破格の参加費!
参加申込は上記東京堂書店のウェブサイトからお願いいたします。
みなさまにお目にかかるのを楽しみにしております。

ジョー


posted by 染井六 at 14:57| 東京 ☀| Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。