2014年06月27日

アブラムシの季節


こんにちは!
むろあじです。


わたしがベランダで育てているニンジンの花、
つぎつぎと咲いてきれいなのですが、
いつの間にやらあいつらがはびこっていました。

そう、アブラムシ。

にくい、びっしりくっついているその姿がにくい。
細い口で茎から汁をチュッチュと吸っていてにくい。

毎日たたかっています。
そしてきもちわるいので写真は撮りません。



DSC_2326.jpg
久しぶり、リクだよ。
大きくなって、流木と体幅が合っていないところがかわいい。




会社近くの公園の花も、よく見てみると
アブラムシがいっぱいくっついています。

そこへアリさんがやってきて、
触角でアブラムシのおしりをノックします。
(写真が見づらいので2段階クリックしてください(>ω<))



DSC_2417.jpg

DSC_2415.jpg
「トントントン、あれください。」


すると、アブラムシはおしりから甘い汁を出します。
アリはアブラムシから汁をもらうかわりに、
テントウムシなどの敵がきたら追い払います。
わりと知られている共生の話ですね。


おとぎ話風にするとかわいいですが、
しかし、わたしの花にくっついてるやつらは容赦しませぬ。

(むろあじ)




posted by 染井六 at 11:48| 東京 ☁| Comment(0) | 昆虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。