2014年04月17日

ようこそ、代々木自然かんさつ会へ

こんにちは!
編集室のアースデイ東京2014への出展、言い出しっぺのジョーです。
今日は私たちの企画「BOOKガーデンにこにこいきもの青空教室」のメニューのうち、
「代々木自然かんさつ会」についてご紹介します。

私が「アースデイ東京」に自然観察会がないのはおかしい、
と考えたのがすべての始まりでした。

私は自然観察指導員として10年近く活動しています。
井の頭公園では2005年に「井の頭かんさつ会」を立ち上げ、
今までに自然観察会を108回開催してきました。自分のホームフィールド以外にも
都内各地の観察会でリーダーを担当し、時には企業から依頼されて
CSR活動の一環をお手伝いすることもあります。
活動の幅は広がり、イベントで自然観察会をやる機会もありました。
そのなかで最も大きなやりがいを感じたのがap bank fesです。
JTP120716_7423.JPG
JTP120716_7447 (1).JPG
ap bank fes'12での「つま恋自然かんさつ会」の様子

普段開催している自然観察会に参加するのは自然観察が好きな人や、
環境問題に関心の高い人、生き物が大好きな人ばかりです。
参加者とともに自然観察を楽しみながら、ともに探求し、
メッセージをお伝えするのはいいものです。
リピーターが増えて、月に一回の再会が楽しくなっていきます。
しかし、私は単に趣味を楽しむために自然観察会をやっているのでは
ありません。身近な自然観察の楽しさや奥深さを広く多くの
人に伝え、生物多様性に気づくことで大切に考えてくれる人を
一人でも多く増やしたいという想いでやっています。
それが一木一草を思いやる心になり、野放図な開発への歯止めに
なればと考えます。
そういう意味で、楽しいサロンだけでは世のため、人のため、
生き物のためにはあまり貢献できないといえます。

イベントでの観察会に手応えを感じるのは、一気に多くの
人に気づいてもらう場だからです。
ap bank fesのような音楽祭に来る聴衆のほとんどはライブが目当てで、
普段自然観察している人はきわめてまれです。そういう人たちを
ミニ自然観察会に連れ出して案内すると、気づきがあり、
価値観さえ変えてしまうこともあります。少なくとも、
観察会が終わったその時から、程度の違いこそあれど、
生き物やほかの人に思いやりをもてる人に変わるのです。

JTP120716_7506.JPG
ゆーじ君は一人で「つま恋自然かんさつ会」に参加し、
30分のミニ観察会を体験して感動してくれました。
JTP120818_9344.JPG
そして彼は、「みちのく自然かんさつ会」にも友人を
連れて遊びに来てくれました。すきやでアルバイトしている
いまどきの29歳は、初めてカエルにさわった!そうです。
遅すぎる体験ですが、経験の機会を提供できてよかったと
思います。

今、身近な自然がじわじわと失われています。
生物多様性の恩恵と重要性を理解せず、
商売と効率優先で開発するからですが、
多様性を損なうとともに、未来をも暗くしています。
子供たちが健全に遊ぶ場を奪うことでもあるからです。
他者や弱者を思いやることのできる健全な精神を
養う礎の一つは野遊びの原体験です。
自ら遊びを創造し、行動し、失敗し、怪我を負い、
時には小さな生き物の生命を奪ってしまう。
そういう経験をとおして、人は強くやさしくなれます。
残念ながら、野遊びの場がなくなり、そういう体験が
希薄になっているのが今の社会です。

できるだけ多くの人に気づいてもらうならイベントです!
私の参加している団体ではap bank fesのほか、環境省主催のみどりフェスタ、
エコプロダクツ展などでコンスタントに観察会をやっていますが、
アースデイ東京ではやっていませんでした。
10万人が来場するイベントに自然観察会がないのはおかしい!
という想いで、アースデイで自然観察会をやりたい!と言い出したわけです。

その想いに編集室の仲間が応えてくれ、本社も応援してくれて、
今回「BOOKガーデンにこにこいきもの青空教室」の出展が決まりました。
そのメニューの一つとして「代々木自然かんさつ会」が実現したのです。
そして、都内で活躍する自然観察指導員など、20人の仲間が協力してくれます。
アースデイ東京のメイン会場の喧噪から少しだけ離れて、
身近な自然を五感で楽しむミニ自然観察会をやるのです。

今まで木や草としかわからなかったもの一つ一つが何者かを知り、
それぞれの個性を知る。聞こえていなかった声を聴く。
リラックスする香りを楽しむ。
30分の自然観察会で価値観が変わります。
参加費は無料です。ぜひ、「代々木自然かんさつ会」に参加して下さい!
1075873_598342040249406_395087898_n.jpg
※定時の開催ではなく、参加希望者がいれば随時スタートします。
ブースの受付でお気軽に参加希望をお申し出下さい。

ジョー


posted by 染井六 at 21:13| 東京 ☀| Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。