2014年03月28日

甲信越の旅@ サントリー白州蒸溜所


こんにちは!
むろあじです。

東京もサクラが咲きましたね(・▽・)
お花見シーズンだー。


さてさて、私は先週お休みをもらいました。
新潟の実家に帰るのに、山梨、長野をまわって帰ろう!
ということで、18きっぷをにぎりしめて電車に飛び乗り、
ゴトンゴトンと揺られてきましたので、そのお話をば。


まずは山梨に向けて出発。
新宿駅から山梨行きの快速に乗り、車窓から南アルプスなどの山並みを堪能。
小淵沢駅に到着したら、タクシーで10分くらい山のほうへ移動して目的地へ。

    「サントリー白州蒸溜所」

DSC_2195.jpg
ここは「白州」というウイスキーを作っている蒸溜所で、
見学と試飲ができるのです。
受付をして敷地に入ると、広い雑木林にレンガ道が。ステキ。

DSC_2168.jpg
敷地内にはウイスキーミュージアムも。

DSC_2192.jpg
こんな空気がよいところで作られているのですねー。
マツやスギなどの針葉樹やカバなどが多いみたいです。


ではでは、見学に出発ー。(静止画撮影はOK)

蒸溜所の中に入ると、発酵しているにおいが! ムワ〜ンと!

ウイスキーは穀物が原料。白州は麦から作るモルト・ウイスキー(大麦のみ)。
最初はビールと同じように麦のジュースを発酵させます。

それを蒸溜機で加熱して蒸発したものを集めて
アルコール度数の高い原液を作ります。

DSC_2171.jpg
ここが蒸溜機のある部屋。2回蒸溜するそうです。


そして樽に入れて寝かすのですが、
こちらがその部屋ですー。
もうね、部屋のにおいだけで酔っぱらいますよ。

DSC_2176.jpg
樽だらけ。部屋の奥までザザーッと。すごい。

DSC_2187.jpg
んで、その後は、試飲ですウフフ。
水割りと炭酸水割りをいただきました。


なんかね、すごーくさわやかな味のウイスキーです。
森に囲まれた蒸溜所のイメージそのままの味。
おいしゅうございました。

とても有意義な見学でした。
見学と試飲は無料なので、山梨に行ったときには寄ってみてください。
サントリー白州蒸溜所→http://www.suntory.co.jp/factory/hakushu/


ということで、次は宿泊地でもある野辺山へ移動しました。
来週へ続く・・・。
(むろあじ)



【ウイスキーメモ】
今回見学に行った「白州」はシングル・モルト・ウイスキー。
1つの蒸溜所のみで作られたモルト・ウイスキー(大麦原料)を
シングル・モスト・ウイスキーとよびます。
サントリーのウイスキーの中でも「角」や「響」は
いくつかのウイスキーをブレンドして作っているそうです。
職人さんが樽で寝かせたウイスキーの飲み頃を見極めて
瓶詰めにして出荷しているので、
買ったら早めに飲んだほうがおいしく飲めるとのこと。
時間が経つと、香りや風味が劣化していくそうです。





posted by 染井六 at 13:31| 東京 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。