2014年02月27日

春探し

先日、ウグイスの初鳴きを確認しました。
1月には仲間が確認していましたが、私自身は今季初でした。
さえずりは俗に「練習中」といわれるもので、完全なホーホケキョには
程遠いものでした。けれども、やはりシーズン初認は嬉しいものです。

「春」を感じさせる、ウグイスのさえずり。
今、フィールドではどんな春が見つかるのでしょう。

JTP140226_0881.jpg
早咲きのサクラは河津桜。2月中旬に開花します。
まだ2分咲きですが、とてもわかりやすい「春」ですね。

JTP140225_0821.jpg
野草園では福寿草が咲いていました。
マンサクの木は早春に咲き「まず咲く」が転じたのが
名前の由来の一つですが、福寿草をマンサクと呼ぶ地方もあるとか。

JTP140225_0819.jpg
ヒメオドリコソウが少し咲いていました。
足元をよく探すと、他にも発見がありそうです。

ウグイスのさえずりや花は、とてもわかりやすい春ですが、
よく観察すると、もっともっと春はたくさんあります。

JTP140226_0834.jpg
ツバキにエナガがとまっていました。
JTP140226_0838.jpg
なにやら、こそこそしています。
次の瞬間……

JTP140226_0848.jpg
あ!何をしているのでしょう?

これ、じつはクモの糸を集めているのです。
JTP140226_0853.jpg
エナガはクモの糸とコケを集めて巣を作るのです。
クモの糸を接着剤にして、コケを貼って、巣を作ります。
このような子育ての準備も、春のしるしの一つですね。

まだまだ春はたくさんあります。
とっておきの「春探し」してみませんか。

ジョー



posted by 染井六 at 13:15| 東京 ☔| Comment(0) | 季節 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。