2014年02月26日

体を癒す菜の花




大雪の1週間後、河川敷に行ってみました。

R0023722.jpg


まだこんなに茶色い景色でしたが、

歩いてみると、菜の花がポツポツと出始めていました。

R0023728.jpg


菜の花は、早春に芽を出す春野菜。

花を咲かせる栄養がぎっしりつまった蕾ごと食べる、

栄養満点満点の緑黄色野菜です。

R0023732.jpg


具体的に、どんな栄養が含まれているのだろうと

調べてみみました。

すると・・・


主な栄養素はβカロチン、ビタミンB1・B2・C、

鉄、カルシウム、カリウム、食物繊維、などなど

豊富な栄養素をバランスよく含んでいるそうで、

しかも、菜の花に含まれるビタミンCは

ほうれん草の約3倍、ニラの約5倍!だそうです。

ビタミンCは白血球の働きを良くして免疫力を高め、

風邪やガンの予防に役立ちます。


βカロチンはピーマンの約5倍、

カルシウムはほうれん草の約3倍、

鉄分はニラの約4倍含まれているそうです。


で、菜の花には、同じアブラナ科の大根や

ワサビと同じ辛み成分が含まれていて

発ガン性物質の働きを阻止して、

異常をきたした細胞の増殖を抑える働きがあると言われ、

ガン予防・血栓防止に役立つんですって!


しかも、ワラビやツクシと比べると、

湯がいたり、炒めたりしてすぐに食べられるお手軽さ。

これはすごいお野菜ですわよ。

しかも、毎年河川敷で取り放題ですのよ。

R0023743.jpg


春の到来を感じながら、寒風の中、摘み草をするのは楽しい行事。

今年も超優秀野菜の到来!!!

これからしばらく楽しめます。

R0023752.jpg


【菜の花Memo】
アブラナ科アブラナ属の花を指すが、
西洋アブラナのことを指していうこ
とが多い。もともと菜の花は江戸時
代の頃まで主に菜種油を搾るための
植物でしたが、明治時代に入り食用・
観賞用にも用いられるように。食用・
観賞用に用いる菜の花は用途に合わ
せてそれぞれ品種が分かれる。


あきざる














posted by 染井六 at 10:59| 東京 ☀| Comment(3) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
去年あきさんからいただいたのも菜の花でしたよね。
パスタの具にして食べた覚えが…。
美味しかったですー。
Posted by 山下 at 2014年02月26日 13:07
ん〜写真を見てるだけで、菜の花のつぼみの味が口の中に広がるわぁ(・▽・)
Posted by むろあじ at 2014年02月26日 13:20
さっちゃん:そうだよー。また沢山採れたら持ってくるねー。


むろあじ:おいちぃーよねー(^ー^)
Posted by あきざる at 2014年02月27日 11:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。