2014年01月20日

芽ひじきと長ひじき

おはようございます。

先週、先々週と引き続き、
休日はもっぱら家でDVD三昧です。
DVDにはいっている予告編やリリース情報をみて
次観る映画をチェックしたりすると、
なかなか止まりません。

しかし、
また映画の話かくのもあれなんで、きっとあれなんで。
芽ひじきと長ひじきについて書きます。

はい、
自分のお昼は、
以前は0汁2菜でした。
サラダと主菜と米で構成されていました。
※サラダってカウントされるんでしょうか?
しかしそれだとお腹が一杯にならない。
なんなら腹八分目にすらならない。
これがエピソード1。

ということで、
そこにインスタント食品を投入する。
時に焼きそば、時に春雨ヌードル、時に日清カップヌードル。
結構お腹一杯になります。
お腹一杯になりすぎて、眠気がおしよせてくる。
ここまできたら、
カロリーとか無視ですよ。
栄養バランスも無視ですよ。
これがエピソード2。

しかし、
なんかお財布にも体にも悪そうだなっていうことで、
ファミリマートで副菜ポジションを購入。
筍の鰹節煮?きんぴらごぼう、ひじき煮などなど。
いいじゃないかと。
やっぱり0汁だけれど、
3菜にはなっているぞと。
これがエピソード3。

そしてエピソード4。
きんぴらごぼうも、ひじき煮も、
いちいち118円払ってられない。
もう自分でつくる!つくってやろうじゃないか!
ということで、
切り干し大根、ひじき煮、きんぴら蓮根
この3役者を代わりばんこで土日に作り置きしてます。

最近のダイソーってすごいんですよ。
乾燥ひじきも、切り干し大根も売ってるんです。
100円ですよ。100円。
これで1週間は持ちますし、
大変経済的です。

そこで発見したのが
芽ひじきと、長ひじき、
なんなんだと。
ひじきは1種類しか存在しないのではないんですか?と。

見た目は、
長ひじき:なんか枝っぽい。あとごつそう。野球部っぽい。
芽ひじき:サラサラしてる。扱いやすそう。
私がつくりたいのは、ひじき煮。
出汁を十二分に含んだ油揚げがおいしい、ひじき煮。
だけれど、
裏面みてもどこをみても、
どちらが私の求めているひじきなのかわからない。

一か八かで、
芽ひじきを購入しましたところ、
無事私が求めているひじきになりまして、
あぁ、一安心ってことになったのですが、

先週の土曜日ダイソーに行きますと、
なんと芽ひじきが売り切れてるじゃありませんか。
残るは長ひじきのみ…。
裏面みるとふやかしたあと、
好みの大きさに切ってくださいって…。
切れるんだったら
まぁいいかなと思い購入し、
早速ふやかしたところ、すっごい枝っぽい。
雨上がりの公園で、
木の根元に力なく横たわっている小枝みたい。
それに、
切りにくくて、サクサクいかない。
芯が残っているかのような感触。
ちゃんと記載されている時間通り水につけたのに…。
表示では20分とあったのですが、
30分ぐらいつけてもいいと思います。

しかし食べてしまえば同じですよね、
ということで
ざっくばらんに切って作りました。
見た目は普通。
食べてみると、すごい海藻っぽい。
磯の香りが口に広がります。
私のひじき煮は、結構甘めなのですが、
まず磯の香りが口を占拠して、
その後に甘めの味付けが押し寄せてくる…という、
なんだか微妙な味になりました。
これは、風味として前向きにとらえるべきなのか、
少し水洗いが足りなかったのか、
どちらなのかわかりません。

あと食感がすごいです。
すごい主張してきます。
出汁をすっているので、
カットしようとした時に感じた芯はなかったのですが、
口にいれてみると、
モニュというか、シャキというか、
その中間の独特な食感です。

風味に関して、
ひじきは海藻ですし、当たり前なんですが、
私はやっぱり、芽ひじきの方が好みです。
あの主張しすぎないところが好きです。
油揚げ:主人公
ひじき:ヒロイン
人参:モブ
みたいな構成が好きです。

ひじきは、食物繊維が豊富な食品で、
髪の毛を健やかに成長させたい時は、
ひじきおすすめらしいです。
勉強したことを、最後に付け加えます。



posted by 染井六 at 12:02| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。