2013年10月10日

初秋の信州上田へ

ジョーです。信州、上田に行ってきました。
上田郊外のワイナリーで設立10周年を記念するパーティがあり、お招きいただきました。
宴は夕方からだったので、午前中に上田入りして、樹木などを取材しつつ自然観察を楽しもうと思いました。

さて、どこにいこうか……

JTP131008_9216.jpg
もちろん真田ファンとしては、上田城しかないですね!寡兵をもって徳川の大軍を2度も撃退した真田昌幸の智略。池波正太郎の「真田太平記」が傑作で、ファンにはたまらないエンターテインメントです。
JTP131008_9102.jpg
おお、徳川の足軽はこういう角度で見上げ、城壁を登ろうとして、城兵に石や丸太を落とされ、煮え湯を浴びせられたんですね。赤い六文銭のノボリが絵になります。

さて、私は歴史も好きですが、やはり自然観察がスキです。どこに旅行しても飽きないのは、その地の動植物を観ることができるからです。樹木を識別し、野鳥や動物を探し、写真でも撮り始めれば、あっという間に時間が過ぎていきます。早速、城の縄張り、いえいえ植栽を調査。
私のホームフィールドの井の頭公園にはない樹木など期待したのですが、上田城の植栽のほとんどはソメイヨシノで、がっかりしました。そういえば、上田市街も極端に緑が少ない印象がありました。周囲を山に囲まれて、少し車で郊外に出れば、いくらでも森があるから、街は街なのでしょうか。上田城は市街地にあって、周囲に比べれば緑が多いですが、珍しい木などはなかったです。それでも自然界には、いくらでも見どころがあるものです。しかも季節は実りの秋なのです。
JTP131008_9183.jpg
ナナカマドの果実。未熟ですが、だいぶん赤く色づいています。もう少し経つと、真っ赤に熟します。
JTP131008_9208.jpg
シラカシの堅果。いわゆる、どんぐりです。こちらも未熟ですね。葉がちょっと変異していて、典型的なシラカシの葉と異なります。
JTP131008_9209.jpg
柿も実っていました。こちらも未熟のようです。

そして、今回のささやかな?発見
JTP131008_9148.jpg
イカルが
JTP131008_9163.jpg
トウカエデの種子を食べていました。

未だ落葉する前だし、昆虫も動いているし、様々な果実もあるだろうに、よりによってカエデの種子喰いです。そういえば8月末日に戸隠の森林植物園でアオダモの種子を食べていたことはありました。
で、お城の状況をもう一度俯瞰してみてみると……
JTP131008_9225.jpg
トウカエデは大豊作といっていいくらい、たわわに果実を実らせていました。
もしかしたらイカルは多すぎるトウカエデの種子を食べることで、生態系のバランス取りをするような行動をしているのかもしれません。まあ、ささやかなことですが「イカルはトウカエデの種子を食べる」という知見を新たに得ることができた観察でした。もしかしたら図鑑の原稿に使うかもしれません。

暑い日でした。一日歩いた後は、楽しみな宴です。丘の上のワイナリーへ。今日の自然観察の後の一杯はなんと超高級シャンパンの「サロン」でした。こんな高級品、一生に何回も飲めるものではありません。
JTP131008_9356.jpg
ワイナリーオーナーの玉村豊男さんをはじめ、M田佳子さん、K島なお美さん、F留アナなど、大勢のゲストと宴を楽しみました。とても贅沢な、初秋の上田行でした。
ジョー


posted by 染井六 at 15:01| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。