2013年10月04日

イラストレーター いずもり・よう さん


こんにちは!
むろあじです。


先日、私たちがいつもお世話になっている
イラストレーターのいずもり・ようさんが、
編集室にあそびにきてくださいましたー。


いずもりさんは生きものを描くイラストレーターさんです。
かわいいけどピリリとエッジも効いたデフォルメイラストで、
さらにそれぞれの特徴をきちんと正確におさえているという、
編集室の仕事にはなくてはならないイラストレーターさんなのです。


いろいろな本にイラストを描いていらっしゃいますが、
アリの生態を4コママンガで描いた
『働かないアリに意義がある! 
アリが教える”生き方”コミックエッセイ』
(メディアファクトリー)

は、大人もこどもも楽しく読める本です。

働かないアリに意義がある!.jpg
http://www.amazon.co.jp/dp/4840146926


働きもののイメージのあるアリさんですが、
実は8割は休んだり一生働かなかったりという衝撃の事実。

『働かないアリに意義がある』(長谷川英祐著/メディアファクトリー)
をコミックエッセイ化したものです。
こちらの中面イラストもいずもりさんが担当しています。
http://www.amazon.co.jp/dp/4840136610


DSC_1773.jpg
サインももらいましたー。うふふ。


んで、いずもりさんの最近のおしごとは、
現在大阪市立自然史博物館で開催されている
「いきものいっぱい 大阪湾」展の販促イラストです。


DSC_1778.jpg
でっかいポスターをいただきました。

DSC_1781.jpg
はじっこのフナムシが主張しています。

DSC_1779.jpg
こちらにもサインを。マグロです。かわいい。


磯をカサカサと歩く小さなフナムシから
大海原を泳ぐ大きなクジラまで、
大阪湾で見られる多種多様な生きものや、
大阪湾の自然環境を紹介した特別展です。
10/14(月)まで開催されているので、
興味のある方は足を運んでみてくださいね。


いきものいっぱい 大阪湾展の詳しい情報はこちら↓
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/tokuten/2013osakawan/

いずもり・ようさんのホームページはこちちら↓
http://www.d9.dion.ne.jp/~kestrel/index.html

(むろあじ)





posted by 染井六 at 13:09| 東京 ☁| Comment(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。