2013年09月20日

中秋の名月


こんにちは!
むろあじです。


昨日は中秋の名月でしたね。


撮影:ジョーさん
中秋.jpg
今夜は美しい天気です。お月様はまるで真珠のお皿です。
(宮沢賢治『雪渡り』より)


うーん、ほんとにピカピカと光り輝くきれいなお月さまでしたね。
満月のころの月は正面から太陽の光を受けるので
影が少なく明るく輝いて見えるらしいです。
(ここ3年ほどの中秋の名月は満月でしたが、
必ずしも満月になるわけではないそうです。知らなかったわー。)


中秋とは:
秋の真ん中の日のこと。
旧暦では7、8、9月が秋で、その真ん中の8月15日が中秋です。
旧暦は太陰暦、つまり月の満ち欠けをもとにつくった暦。
今の新暦は太陽暦、つまり太陽の周期をもとにつくた暦なので、
旧暦の8月15日とはずれてしまいます。
今年の中秋は9月19日でした。



秋の月がどうしてきれいなのか。
それは空気が乾燥して空気中の水蒸気が少ないため、ぼやけずくっきり見えたり、
月が低くもなく高くもなくちょうどよい位置だからといった理由があるそうです。


DSC_1681.jpg
五輪カラーの都庁と中秋の名月。
やっぱりスマホじゃだめだね。。。


でも理屈抜きで秋の月はきれいですよね。
秋の夜長にひんやりと冷たい空気が、
冴え渡る月の光をより神秘的に見せてくれます。


秋が本格的にやってきますねー。

(むろあじ)



posted by 染井六 at 12:02| 東京 ☀| Comment(0) | 天体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。