2013年09月18日

野分けの季節


台風(古い言葉で”野分け”)が来る前の日、

庭に出てみたら、また少し季節が進んでいました。



ヒガンバナは、いつのまにかここまで伸びていて、

もうすぐ咲きそうだし、

R0022594.jpg

花壇のツルボは団体さんで虫を誘ってるし、

R0022600.jpg

夏の花フヨウは、こんなかわいいタネができていました。

R0022597.jpg

ふわっふわっの毛があって、リースの材料とかにぴったりです。

冬になってあったかい部屋で作業してると、

このふわふわの中で冬を越そうとしていた

虫さんたちが出てきたりします。。。

R0010615.jpg
 2010年11月撮影




あー!!!!!スミレの葉っぱが虫にやられてるー。

そうそう、ここのところ目立つんです。

あったかい地方のチョウ、ツマグロヒョウモンの幼虫

むしゃむしゃ食べちゃっています。

R0022587.jpg

見てくださいこのスピード。

注意! イモムシ嫌いな人は見ない方がいいかも!
注意! 決して早送りではありません!







翌日から、台風が列島を通過。



台風が埼玉北部を通り過ぎたころから、

東京では風が弱まりました。


家の周りのようすを見ようと庭に出たら、

まだ時おり強い風が思い出したように吹く中、

もう何匹かの虫が飛びまわっていました。


強い風が吹き下ろして、ぶーんと高度を落としても、

直後、ふわっと持ち直したり。



もうすぐ虫の季節が終わりなのを知っているのか、

その姿はとっても必死に見えました。


あきざる




【 ツルボMemo 】
ユリ科の多年生草本。海岸の崖地、土手や田の畦などで
普通にみられる。日当たりのよい場所が好き。地中の球
根は食べられるらしく、むかしは、水によくさらしたも
のを煮て食べたり、粉にして餅を作ったという。秋の初
めごろ、突然茎を伸ばし始め、うす紫色の花を咲かせる。









posted by 染井六 at 17:43| 東京 ☀| Comment(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。