2013年06月05日

静岡行ってきたA 久能山東照宮


こんにちは!
むろあじです。



きのうに引き続き静岡へ行った話。



2日目はまず久能山東照宮へ向かいました。
宿泊した日本平のホテルの近くにロープウェイがあって、
それに乗ると久能山東照宮に行けるとのこと。
久能山東照宮は徳川家康を埋葬した神社。



日本平から久能山までプイーンと移動。
久能山東照宮に到着すると、入り口には家康公の手形が!
私の手よりも少しだけ大きかったです。

DSC_1237.jpg
155cm・60kg・・・。こ、小太り・・・?
いやいや、戦国武将だしきっと筋肉がすごかったにちがいない。



石段をヨイショヨイショと登ると

DSC_1213.jpg
「国宝」と書かれた社殿が。どこもかしこも、きらびやか〜。

DSC_1221.jpg
獅子かしら? 偉い人の肖像みたいのもある。
つーかわからないで見てたっていう・・・。


DSC_1225.jpg
階段を登ったいちばん上に神廟。家康公が埋葬された場所。



「久能山に埋葬してほしい」という家康公の遺言で
2代将軍秀忠(家康の嫡男)がこの東照宮をつくったそうな。
また遺言の中に「日光にも神社をつくてほしい」というのもあり、
同時期に日光東照宮もつくられ、その後家康公の遺骨は
日光東照宮に改葬されたとのこと。ふむふむ。



家康公の神廟に煩悩だらけのお願いごとをして、
階段を下ってうろうろしていると、下に続く小道を発見。

DSC_1253.jpg
おや? どこに行くのかしらー。と下りていったら、

DSC_1256.jpg
なんかずーっと下まで階段が続いてる・・・。

DSC_1261.jpg
んで、よーく見ると、いちばん下に鳥居が見える(わかるかな?)。
とてもじゃないけど下まで降りる気力がない。



なんと、こちらが山下から上まで1159段の階段が続く
昔からある本当の参道だったのです!
神社の宮司さんは毎朝ここを登ってこられるそうです。
私は楽してロープウェイできましたが、
こちらからがんばって登ってくる方たちもいました。



DSC_1250.jpg
それにしても、よい景色。
あちこちにあるビニルハウスではイチゴを栽培しているそう。



参拝と景色を十分楽しんだので、
またまたロープウェイでピャーッと日本平まで戻り、
今度はそこからバスで静岡市内まで降りました。
そしてお次は三保の松原へ。



・・・また今週のどこかへ続く。
(むろあじ)







posted by 染井六 at 13:44| 東京 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。