2013年05月29日

雨降り花



週末、久しぶりに歩いて出勤した。

R0021542.jpg

途中ゆっくりと、路草を見ながら道草をくう。



梅雨に咲く花がもうだいぶ出ていた。


アジサイ、ツユクサ、ヒルガオにドクダミ。

R0021497.jpg

ツユクサは露草と書く。

朝咲いて昼にはしぼむところが朝露を連想させます。

『万葉集』では、月草という美しい名前で登場。

ほかにも、蛍草や帽子花など、風流な別名が多い。

きっとその清楚な花のたたずまいのせいでしょう。




R0021534.jpg

ヒルガオは別名「雨降り花」「雷花」「天気花」など

咲く時期の空模様を反映した別名が多い。

ヒルガオを摘むと雨が降る、という言い伝えもあるらしい。

全草に毒があって、食べるとお腹が痛くなるそうです。


R0021526.jpg

かたや、十薬ともいわれるほど、効能の多いドクダミ。

こちらも、梅雨の時期が全盛ですね。

特有の強い香りがあるから嫌われることが多いけれど

白い十字の花と緑のコントラストがさわやかで、美しい。

腫れ物、虫さされ、切り傷、洗顔、駆虫、皮膚病、胃腸病など、

体にもよく、目にも美しいのに、香りで損をしているような気がします。



今年の気候は不順です。梅雨はどんなでしょうかね。


あきざる






posted by 染井六 at 11:11| 東京 ☔| Comment(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。