2013年03月08日

六のかわいいところ



ここのところ陽射しが強くなってきたので

クサガメ六りくの動きも日ごとに活発になってきた。

R0020183.jpg

とはいえ、相変わらず日中は流木の上で日なたぼっこ。



毎日、日なたぼっこしては歩き、

また日なたぼっこしては泳ぐのを見ていると

太陽電池で動いてるのかと思ってしまう。

六の昼間の寝相はこんな感じ。

R0020177.jpg

カメは甲羅に体を隠しているイメージが強いですが

意外にこんな風に、だらーっと伸びています。

R0020180.jpg


流木の上で腹ばいになって、シュワッチって感じで

両手両足を伸ばしたまま、目を閉じて眠っていることも。


硬い甲羅で身を包んでいるカメの動きは、

人間の体の構造とまったくちがうので、おもしろい。

皮膚は硬いうろこでどこもかしこも覆われていますが、

淡水ガメの足の裏と手の平(?)は、意外にもやわらかい。

R0020176.jpg

イヌやネコの肉球よりやわらかいんです。

子猫の肉球に近いかなぁ。

はじめて偶然さわっちゃっとき、

「きゃっ」って思うぐらい意外な手触りでした。

R0020185.jpg

ここが、私の一番好きな、六のかわいいところです。


あきざる



posted by 染井六 at 12:57| 東京 ☀| Comment(0) | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。