2013年02月13日

春の妖精


今日は空が青くていいお天気。

R0020090.jpg
ニホンズイセン

でも風が強い。

近くにある、のっぽのビルのてっぺんには

細い突起が建っていて、風を受けて

ヒョーって鳴いている。

口笛を吹いているみたいだ。


お昼ごろ、編集室から徒歩1分の

二軒屋公園に行ってみる。

ほぼ毎日通っているけれど

最近まで気がつかなかった植物を見つけた。

福寿草。
R0020089.jpg

この草の野生での生息地は林。

まだ春浅く、葉っぱが芽吹いていない明るい林で花を咲かせ、

頭上の葉が芽吹いて日陰になるころには枯れて、

地中の根だけで次の春まで過ごす。


こうした植物は雑木林の林床に多く、

春の短い間に咲いてそして枯れてしまうので

春の妖精(スプリング・エフェメラル)といったりする。

カタクリもそのひとつ。

そういえば、今読んでいる雫井脩介の小説

『つばさものがたり』には、「天使と妖精のハーフ」が出てくる。

昨夜、おもしろすぎて一晩で読んでしまいそうになった。

シャチョウさんが、好きそうだからと貸してくれた角川文庫。



話を戻して、公園で見つけた春の妖精・福寿草が

身を寄せている木は、ロウバイ。
R0020088.jpg

蝋細工のような花びらで梅の花に似ていることから、蝋梅。

福寿草よりも早く花を咲かせるけど、

葉っぱはまだ出ていないのでその下の地面は明るい。

ロウバイも香りが弱くなって、もうすぐ終わりかなと

思っていたら、その足元にこの福寿草を見つけました。

まさか、都会の小さい公園で見られるとは思わなかった。

少し離れた花壇では、水仙が花を咲かせていました。


あきざる





header.png

【 つばさものがたりStory 】
パティシエールの君川小麦は、自身の身体に重い秘密を
抱えたまま、故郷・北伊豆で家族とケーキ屋を開いた。
しかし甥の叶夢からは「ここは流行らないよ」と謎の一
言。その通り、店は瞬く間に行き詰まってしまう。力尽
きた彼女に新たな勇気を吹きこんだのは、叶夢と、彼に
しか見えない天使の“レイ”だった……。小麦のひたむ
きな再起を見届けたとき、読み手の心にも“見えない翼”
が舞い降りる。感涙必至の家族小説!
(以上、webKADOKAWAより転載)







posted by 染井六 at 15:53| 東京 ☀| Comment(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。