2013年01月31日

出かけて1分でマヒワの群れ

はじめまして!ジョーと申します。本名です。
縁あって、編集室のスタッフに仲間入りさせていただきました。
このブログにも、書き手の一人として参加させていただきます。
私は井の頭公園での自然観察、鳥類調査を日課にしていますので、
面白い観察があれば随時ご紹介させていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。

記念すべきデビュー作?は今朝観察したマヒワの群れについてです。
サルスベリの種子を食べるマヒワ
今朝、家を出てすぐの住宅街で、ある声を耳にしました。
マヒワの「ジュリン」という声です。私は電線にとまっていた鳥の群れに注意せずに
通り過ぎるところだったのですが、この一声を耳にして5歩進んだところでハッとし、立ち止まりました。
そう、さっき電線に小鳥の群れがとまっていたけれども、それはスズメではなく、マヒワだったのだと気づいたのです。
心当たりはありました。以前にも同じ場所でサルスベリの種子を食べるマヒワの群れに出会っていたのです。

マヒワは冬鳥で、オスは黄色く美しい小鳥です。特別珍しい鳥ではありませんし、井の頭公園でもたまに観察できますが、通常はもう少し標高の高いフィールドにいるのが一般的で、同じ冬鳥でもツグミやシロハラのように頻繁に観られる種ではありません。それが家のすぐそばの住宅街で観られたのですから運が良かったわけです。

今シーズンは前シーズンとは対照的に、森林性の冬鳥が多いです。
これは昨年の猛暑と水不足による標高の高い環境の凶作、さらには積雪が多いことが
大きく影響していると思われます。冬鳥がたくさん観られるのは嬉しいのですが、
近年の気候変動の乱高下を考えると、手放しでは喜べないです。

観察を楽しみながら、自然環境や生態系を大きく捉え、考えたいものですね。


posted by 染井六 at 13:02| 東京 ☀| Comment(0) | 生き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。