2012年10月16日

ツノゼミ みっけ!



生きているツノゼミを見つけてしまいました。

場所は埼玉県北部嵐山町。

さいしょは、道端のアザミがきれいに咲いているので

写真を撮っていたんです。

R0019233.jpg

画面横の葉っぱの上に、虫のうんちみたいなのがあるなぁと

思ってはいたんです。

で、花を撮って満足したので、そのうんちに何気なく目を移したんです。


そしたら、何と!

うんちだと思っていたのはツノゼミだったんです!!!!!

IMG_3481.jpg
photo by Y.K.

しかも羽化したて。抜け出た殻もそばにあります。

R0019259.jpg



去年、幻冬舎『ツノゼミ ありえない姿』の編集を担当して以来、

ずーっと見たいな見たいなっと思い続けていた、

私にとってはまぼろしの昆虫でした。


こちら正面顔。
IMG_3506.jpg
photo by Y.K.

こちら背中から。
IMG_3450.jpg
photo by Y.K.

このツノゼミは、日本でもっともふつうに見られる

「トビイロツノゼミ」かなと思います。

どの写真もクリックで2段階に大きくなりますので、

おっきくして見てください。なにせちっちゃいので。

このツノゼミは4〜5mmほどでした。


ツノゼミって何?という方も多いと思いますが、

セミとは言ってもセミではなく、体長数ミリのごく小さな昆虫です。

植物の汁を吸って生きていて、

南米とかアジア、アフリカなどの熱帯雨林に多数生息する、

ユニークで空想的な姿をした虫。


実は日本にも10数種生息していて、基本的には探せば見つかる昆虫らしい。

でも、小さいしなかなか出会えなかった。

草の茎でつっつくと、飛んで逃げるというより、

跳ねて逃げるという感じ。。。

ほんとにいるんだーと感動しました。

みなさんもぜひ。

ツノゼミを詳しく知りたい方は、

『ツノゼミ ありえない虫』もぜひ、ぜひ(あきざる)。



51xTHTjTS+L._SS500_.jpg








posted by 染井六 at 14:53| 東京 ☀| Comment(0) | 生き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。