2012年09月20日

狐の茶袋


昔はそこらへんの空き地でよく見たのに

最近はめっきり見なくなったジュズダマ。

この間立ち寄った川原で思いがけず出会いました。

R0018910.jpg

秋に茶色の実が熟すジュズダマ。

かたくてつやつやしているので、子どものときは

見つけるとポケットにぽいぽい入れていました。


ジュズダマが手に入ると、

今でも(時間があればごくたまに)、

ラッピングに使ったり、

R0010380.jpg

たくさんつなげてネックレスにしたりする。

R0017818.jpg


秋はきれいな実がたくさん手に入る季節。

わくわくわくわく。


植物はすでに秋の色。

夕方咲いて、夜の虫たちを誘うマツヨイグサも

満開です。

R0018830.jpg

少しでも多くの花粉を虫たちの細い手足につけようと、

マツヨイグサの花粉は粘液でつながっています。

むなしく下の葉の上に落ちた花粉は、

ありんこが食べていました。

R0018828.jpg



狐の茶袋という童話的な別名のあるゴンズイの実も

まっ赤に色づいていました。

この木は、いつもそこにあるのに気がつけないけど、

実がなる季節になると、急に人目を引く。

R0018965.jpg

秋がきましたよー(あきざる)。


【ゴンズイMemo】
ゴンズイという魚がいる。ナマズのなかまで毒がある。
ここで載せたゴンズイは植物の方。
何でも、材としては用途がないことから
使い物にならないという意味で、同様に役に立たない魚と同じ
名前をつけられたいう、芸のないかわいそうな由来をもつ。
秋に赤い果肉がはじけて、中のつやつやした黒い種子がのぞく。
この実の形から狐の茶袋というかわいらしい別名がある。



posted by 染井六 at 20:25| 東京 ☀| Comment(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。