2012年08月14日

しいくで発見E_アゲハの幼虫 さなぎになる準備


編集室で飼っているクロアゲハの幼虫クロちゃんは、

最近食欲がすごい。朝、出社して確認すると、

葉っぱがかじられて軸だけになっている。

動いているときは食べているときなのですが

クロちゃんの場合、昼間はじっと休んでいるときが多い。

夜21時位から活発に食事をしている気がする。

休んでいるときは、かならず糸をはいて、

葉っぱからころんと落ちないよう、

足がかりのようなものをつくってる。

R0018305.jpg
*写真はすべてクリックで2段階に大きくなります。

で、昨日体長を計ったら55mm。

一週間で2cmもおっきくなった。

今朝も、家を出るときに

葉っぱ持ってた方がいいかなぁ。。。

どうしようかなと思いつつ、

やはり念のため、ミカンの葉っぱをとってきました。


会社に着いてまっさきにケースにちらっと目を走らせる。

遠目にケースの中の葉っぱが茂っているのがわかる。

あ、今日はやっぱり間に合ったかな。

近づいてようすを見てみる。


あー!!!!!!!!!!!!!!!

クロちゃんが、前蛹ぜんようになってる!

R0018477.jpg

前蛹っていうのは、さなぎになる一歩手前の段階で、

もう一回脱皮するとさなぎになります。

前蛹はまだ、いも虫形のママですが、

さなぎになると、もういも虫形ではなくなります。

1日経つとさなぎになるそうなので、

今日がいも虫時代のクロちゃんは見納め。

R0018493.jpg

体をくの字に曲げ、

手を合わせて頭を垂れている。

まるで、祈りをささげているかのよう。

よく見ると、枝には足場が張り巡らせれ、

体には糸が吊られてハンモックのようになっている。

きっと今朝方、枝の上にたくさん糸をはき出して

足場をせっせとつくり、

上半身エビ反りして、ぐるっと命綱をかけたんだ。



せまい飼育ケースの中で、

野生と変わらず生きてくれてると思うと

とても感動するし、責任を感じる。

私が葉っぱをきらせたら死んじゃうし。

こんな感想は、やはり体験しないと実感できないよなー。

今は「飼育」の本を編集中で、

こんなことを伝えたいのだけど

これがまた難しく、日々模索中。。。(あきざる)








posted by 染井六 at 11:52| 東京 ☔| Comment(0) | 生き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。