2012年07月03日

取材日記_アスパラガス収穫


新潟取材のつづきです。



宿泊は妹家族の家に泊まらせてもらいました。

自分たちが食べる分の畑をやっています。

今はアスパラガスが最後の収穫期。

IMGP0429.jpg

無農薬なので、アスパラガスの葉を食べる

ジュウシホシクビナガハムシがたくさんついていました。

IMGP0433.jpg

テントウムシに似たかわいい昆虫ですけれど、

アスパラガスの天敵ですね。

バッタもとまっていました。

IMGP0436.jpg

こちらは、通りがかりにちょっと休んでるだけでしょうか。



もうそろそろおしまいだそうですが、

アスパラガスの収穫をしました。お土産用です。

根元から触って、硬いところと柔らかいところの境目辺りを

曲げると、ぽきっと自分から折れてくれる感じです。

シャチョウさんも挑戦。

IMGP0432.jpg

その場でかじってみたら、甘くておいしかったです。

やはり採れたては、最高ですね(あきざる)



【アスパラガスMemo】
ユリ科またはキジカクシ科の多年草。
やわらかい茎の部分を食用とし、
ビタミンが豊富。
葉は退化して小さい鱗片状になり、
成長すると茎は細かく枝分かれして
細長い葉のように見える。雌雄異株。






posted by 染井六 at 11:30| 東京 ☁| Comment(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。