2012年07月02日

取材日記_田んぼの生きもの


週末を利用して、新潟へ取材に行きました。

田んぼには水が張られ、

まだ背の低い稲が風に揺られていました。



テーマは田んぼの昆虫採集。

今、田んぼでいちばん数の多い生きものがオタマジャクシ。

近づくと、わらわら〜っと何百匹ものオタマジャクシが

あわてて逃げ出します。



畦でひなたぼっこしていたシマヘビが逃げ出して、水路にぽちゃん。

IMGP0442.jpg


カエルの狩りをしていたヤマカガシが、私が来ちゃってえものを逃す。

IMGP0445.jpg

ため池では、たくさんのイモリや、

R0017889.jpg

背中に卵をびっしりくっつけて守るオスのコオイムシもつかまえました。

R0017913.jpg

草地では、バッタやキリギリスの赤ちゃんがわんさか。

IMGP0449.jpg

近づくとぴょんぴょん無数に逃げ出します。

まだ翅がない子どもたち。

IMGP0453.jpg

秋にはりっぱなおとなになるのでしょう。



お天気は上々。

きれいな写真がたくさん撮れて、楽しい取材でした(あきざる)






posted by 染井六 at 12:35| 東京 🌁| Comment(0) | 生き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。