2012年06月25日

少年時代


R0017750.jpg

最近暑くなってきたので、川に遊びに行くと

小学校高学年〜中学校ぐらいの少年たちに出会う。

田んぼに水がはられる時期の用水路や、

川の流れがゆるやかになった場所や、池。

近くには、自転車が乗り捨ててあったりする。


網を持った少年たちが、岸近くをガサガサしたり、

にごった水の中でタモ網を振ったり、小魚やザリガニ採りに夢中。

R0017751_2.jpg

聞くと、ふだんはゲームとかやってるけど、たまに川に遊びに来るとのこと。

まだオムツがとれない幼い孫を連れて来たおばあちゃんが、

今会ったばかりの少年たちに、この子に魚をつかまえてくれん?と頼んでいた。

手には網と小さい水そう。

少年たちは、じゃぁ、まず水を入れてやるー、と言ってすぐに、

子どものフナを次々ゲット。

ちっちゃな水そうはすぐに生きものでいっぱいに。

まだ見ているだけの小さい子どもは、

奇声を上げてよろこんでいました。

ん〜いい光景だ〜。



別の川では、子どもたちがもぐって遊んでた。

IMGP0402.jpg

タモ網を貸すと、どんどん生きものを採って来る。

IMGP0401.jpg

ぽちゃん。

IMGP0397.jpg

騒ぎにカエルがあわてて逃げました(あきざる)






【関連する記事】
posted by 染井六 at 12:09| 東京 ☁| Comment(0) | 野遊び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。