2012年04月12日

若葉の季節


R0016331.jpg

今日の東京は快晴。

雲ひとつない透き通った青空が広がっています。

このクリアな空気が午後も続くといいですね。


ここのところ、目立ってきたのが樹木の新芽。

それまでは草の成長ばかりが目につきましたが

今朝は、木々の若葉があちこちで広がっているのに

目をうばわれました。

常緑樹のクスノキは、新芽が広がってもこもこ。

足下には古い葉が落ちています。



プラスチックでできたようなアオキの若葉、

R0016333.jpg

ソメイヨシノは、花に混ざって若葉が出てきました。

R0016336.jpg

ケヤキは薄い若葉を開き、

R0016341.jpg

新芽がつんつん立ったツツジは、緑の小山のようです。

R0016344.jpg


場所によって、木によって

その成長はさまざまですが、

春はどんどん深まって、夏の気配すら感じます。

日本は季節がちっともとどまらない、と感じます。

あ、雪国では冬が長いですね。

季節の変化の兆しは見つかっているでしょうか。

東京は、春まっただ中。

雪国にも、

これから一年で一番いい季節がやってきます(あきざる)





posted by 染井六 at 10:26| 東京 ☀| Comment(2) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
実は照葉樹林帯は春が落葉のシーズンなんですよね?
それも、もの凄い量になります!2〜3年前にその季節5日間くらいかけて集めて堆肥にした事が有ります。今ではそこが柔らかな土壌になって、今年もいろんな花が咲いていました。九州では落葉は春の到来を告げているように感じる事が有ります。
Posted by 茶夛父 at 2012年04月12日 10:40
茶夛父さん、

わぁっ!早速のコメントありがとうございまーす!
そうですねー、照葉樹は一年中葉っぱをつけているのが多いですが、今が、落葉シーズンですね。
関東でも、三浦半島とかに行くと、照葉樹がたくさんありますねー。


でも、やはし、照葉樹林というと、九州が思い浮かびますー。
私、一度九州の照葉樹林を訪れたいです。
照葉樹の堆肥作りもステキ!
Posted by 染井六 at 2012年04月12日 11:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。