2012年03月19日

上着を脱いで



17日の土曜日、九州北部と山口県、それに四国で
春一番が吹いたと発表されました。

週が開けて月曜日の東京は、
朝から強い風が吹いています。
東京も春一番でしょうか。


R0016113.jpg

春を知らせる木の花が、咲いていました。

日本の紙幣に皮の繊維が使われる「ミツマタ」です。
ジンチョウゲ科の植物ですので、
花の感じがジンチョウゲにどことなく似ています。

筒状の花が多数集まって、枝先に下を向いて咲いています。
よく見ると花には細かい毛があります。
今はまだ寒くなったり暖かくなったりと忙しいので
上着を来ているのでしょうか。


R0016116.jpg

もうひとつの花木、ハクモクレンです。
こちらは花芽が毛の生えた皮で包まれて寒さから
大切な花を守っています。わずかに頭が開き、
間もなく開花でしょう。

民家の窓辺に伸びた枝の先についた花芽は、
室内の暖かい空気のおかげで、一足早く咲いていました。

東京でも、そろそろ冬物の上着を脱いで、
春物のコートに衣替えですね(あきざる)





【ミツマタ三又Memo】
中国南部原産の落葉低木。
ジンチョウゲ科。
必ず3つに枝分かれすることが
名前の由来。
皮の繊維が強く、
昔から和紙の原料に使われ、
日本の紙幣の原料でもある。






posted by 染井六 at 11:21| 東京 ☀| Comment(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。