2011年12月16日

野鳥の楽園Birdpia.


エンジュにヒヨドリ.jpg

自宅の小さな緑を野鳥たちの楽園にしよう―――。

日本鳥類保護連盟が提唱する「バードピア運動」だ。
1週間ぐらい前の朝日新聞に記事が載っていました。

庭に鳥が好む実のなる木を植えたり、
水場をつくったりして、
野鳥が来やすい環境を作りだす。
ひとつひとつの小さい緑を結びつけて
鳥たちの楽園を街に広げて行こうという運動とのこと。

冬は野鳥の食べ物が少なくなる時期。
今年は、冬鳥(冬に日本にやってきて越冬する野鳥)の
飛来が少ないという噂を聞く。
身近な冬鳥というとツグミやジョウビタキ。

今日は実のなる木をいくつか紹介。

10月ごろから真っ赤な実をたわわにぶらさげるイイギリ。
それから野鳥も人も大好きなカキノキ。
ヒヨドリとカラスが来ていました。
イイギリにヒヨドリ.jpg

あまり人気のないセンダンの果実は、
2月頭ごろまで残ってる。
いよいよ何も食べるものがなくなったころに
やっと食べられている気がする。
このときはムクドリがきていました。
R0011331.jpg

それからまっ白な実がおしゃれなナンキンハゼ。
タネの周りのロウ物質が野鳥は大好物。
スズメやシジュウカラ、ハトやヒヨドリ、
カラスまで、みんな大好き。
R0015216.jpg

地面に落ちた実には、くちばしでつついた後がありました。
R0015215.jpg


ほかにも、センリョウやマンリョウ、ムラサキシキブに
アオキ、ハナミズキ、ニシキギ...などなどなど。


「バードピア運動」は登録性(登録無料)。
ベランダなどの小さいスペースでもOKとのこと。
除草剤をひかえたり、できるだけ日本在来の樹種を植えるなど
シンプルなルールがあるだけ。
詳しくは日本鳥類保護連盟のページへLet's Go↓↓↓
http://www.jspb.org/birdpia/birdpia.html

冬鳥のためだけじゃなくて、
激減したスズメやほかのいつもの鳥たちのためにも。。。
別に、登録とか形式的なことはしなくてもいいと思いますが
すると、もっと大事にしようかなとか思ったりしたりして。(あきざる)

【日本鳥類保護連盟Memo】
昭和22年発足の財団法人。
Japanese Society for Preservation of Birds.
野鳥だけでなく、日本の野生鳥獣の保護と環境保全、
それに国民への普及活動(愛鳥週間など)を行う。
総裁は常陸宮殿下。
バードピアは、バード(鳥)と、
ユートピア(理想郷)を組み合わせた造語。






ラベル: 樹木
posted by 染井六 at 11:55| 東京 ☁| Comment(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。