2011年12月05日

かたち Shapes.


自然の形にはおどろかされる。
芸術家には最高のお手本。

先日も林で見つけた印象的な造形。

こちらは朽ちた枝に生えていたコケ植物。
丸いシルエットがかわいらしい。
R0015041.jpg

こちらは木の皮にくっついていた地衣類。
海の中のサンゴのよう。
R0015037.jpg

これまた朽ちた枝に生えていた地衣類。
縁の方では胞子を飛ばしてる。
R0015046.jpg

これは、とある木の根もとに描かれた菌類の姿。
葉の落ちた冬の木のシルエットのよう。
R0015061.jpg


どれもこれもとても小さいけれど美しい。


写真を撮りたくなったり
絵を描きたくなったり
何か作ってみたくなったり。

自然の造形は心をくすぐりますね。(あきざる)


【地衣類ちいるいMemo】
ウメノキゴケとかマツゲゴケとか、
コケと名前がつくことが多いけれど
地衣類はコケ植物とはちがう。
木の肌やコンクリートの壁などに生え、
ひとつのからだを
菌類と藻類がつくってくらしている生物。
菌類が体を形作り、藻類が光合成をして
栄養をつくっている。
菌類は一昔前までは植物のなかまとされていたが
いまでは、植物、動物と並ぶ大きなグループ。
コケ植物は、シダ植物や種子植物などと同じ植物の仲間。


ラベル:植物 コケ 地衣類
posted by 染井六 at 14:24| 東京 ☀| Comment(0) | 生き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。