2011年09月22日

野分のあと

R0012603.jpg

台風15号が去った今朝、東京の空は真っ青。
そして、秋の気配が強くなっていました。

台風は、かつては「野の草を分けて吹きすさぶ風」
ということから「野分のわき」とよばれていました。
その後「颶風ぐふう」と呼ばれるようになり
現在では台風となりました。

野分の被害は恐ろしいけれど、一方で農業用水や飲料水不足の解消に
役立つという側面もあります。

R0014162.jpg

私も野分の贈り物を拾いました。
ふだんは、私有地に生えていて、高い枝に手も届かず
指をくわえて見ていた木の実、ムクロジです。

現場に行ったら、一面にムクロジムクロジムクロジ…
だれも拾わないし掃かれて焼却されるだけだしと、まだ若い実ですが
たくさん拾って帰りました。(あきざる)


【ムクロジMemo】
温暖な地域に植栽される落葉高木。
別名、石けんの木。
実は、熟すと皮がカラメル色に透き通り
日に透かすと美しい。
実の中の種子はかたく、
羽根つきの羽のおもりに使われる。
種子の周りの皮はサポニンを含むので
よく泡立ち、かつては石けんのかわりに。




posted by 染井六 at 11:33| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。