2014年09月19日

多摩動物公園「モグラのいえ」


こんにちは!
むろあじです。


この間の連休、多摩動物公園に行ってきました。


だらけるカンガルー
DSC_2469.jpg
この日はけっこう暑くて、動物たちは日陰でダラダラしてた。


綱渡りするオランウータン
DSC_2454.jpg
オランちゃんはがんばって綱渡りを見せてくれました。


鳴くサイ
DSC_2492.jpg
サイの鳴き声を初めて聞いた!
「メ"ェェ〜」って、ヤギとかヒツジみたいな声だった。


群れるモウコノウマ
DSC_2486.jpg
この日の私のメインは、このモウコノウマ。
私、モウコノウマがすごく好き。大好きだ。
あわいベージュ色の毛並みが美しいのです。
柵の中でもちゃんと群れで移動しててかわいかった。





そして……


多摩動物公園で密かに人気を集めているのが「モグラのいえ」


部屋の中にザル状の管が張り巡らされていて、
そこをモグラがモグモグと通るのです。


DSC_2439.jpg
上から2番目の管にモグラが通っているの、わかります?


DSC_2441.jpg
超ブレてるんですけど、右側の管にモグラがいて、
すき間からちょこっと鼻を出しているんです。かわいい。


DSC_2446.jpg
やんちゃなモグラ先輩の解説パネルがあちこちに。


管はエサがあるケージや土が入っているケージにつながっていて、
食べるところや土の中を動いたり寝たりするところも見られるんです。


かなりおもしろい&モグラがかわいいので、
多摩動物公園に行った際は、ぜひぜひモグラのいえに遊びに行ってください。
多摩動物公園HPはこちら→http://www.tokyo-zoo.net/zoo/tama/

(むろあじ)






posted by 染井六 at 12:13| 東京 ☀| Comment(7) | アミューズメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月11日

見ているようで観ていないこと

見ているようで観ていないことがたくさんあります。
JTP140904_1575.jpg
この植物はなんだろう?
「見ているようで観ていない」の再認識はここから始まりました。
草です。これは花の茎で、葉がないようです。
科の特徴と、花期から見当はつきましたが確信はありませんでした。
井の頭公園で毎日観察するようになって10年目。未だに発見の連続ですが、
観察力はかなり養われたはずです。

例えば、このトチノキの実。七井橋のたもとに置いてありました。
JTP140910_1923.jpg
ここから推察できること。
形がいいし、ころころとかわいいから拾ったものの、
飽きて置いていってしまった。
ここから20mほど南にトチノキが数本あり、実が落ちています。
多くの人々が実を拾うので、観察会をやる頃にはすっかりなくなって難儀します。
トチノキの実はこのままでは食べられず、時間と手間をかけてアク抜きして
やっと食べられる代物です。ゆでれば食べられる栗とは違います。
だから拾っても、飽きて捨ててしまうんですね。
周囲にトチノキがなく、果実を運ぶ水流れのような環境がなくても、
森の中に実生が出ている理由はこういうことだったのです。

JTP140903_1566.jpg
木陰でオシドリがまったりしているのも。

JTP140910_1977.jpg
カモ類はカルガモだけになっていた池に、冬ガモのハシビロガモが
さりげなく到着しているのも見逃しません。

jtp140906_1666.jpg
これはさすがに教えてもらわなかったら見逃していたかもしれません。
井の頭公園としては初記録のシマアジです。
海水魚だけでなく、野鳥にもシマアジがいるのです。
♀タイプで地味なので、カルガモにまぎれてしまいますね。

さて、謎の植物体がいよいよ開花しました。
JTP140910_1911.jpg
そう、なんのことはない、ヒガンバナだったのです。
一応、見当をつけたとおりでした。ヒガンバナ科っぽくて、
キツネノカミソリはもう花が終わっていて、お彼岸が近いからです。
それにしても、見ていないものです。よく見慣れているはずのヒガンバナ。
花は見ていても、それ以外の姿を見ていなかったのです。
知っている人にとっては何を今さら、と思われるかもしれませんが、
知らない内はこんなものですし、知らないものはまだまだたくさんあります。

では、これは何でしょうか?
JTP140904_1580.jpg
これも最近まで観ていなかったものの一つです。
わかった方はぜひコメントを下さい。

ジョー
posted by 染井六 at 16:27| 東京 ☔| Comment(1) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月08日

fashion's night out

こんにちは。
お久しぶりです。
気づけば、1週間以上も月曜担当放棄していました、山下です。

週始めから、
右目にものもらいができちゃうし、
昨夜の『月刊少女野崎くん』は寝過ごしちゃうし、
おかげで体がだるいし、
いやー、ついてないですね。
今日の天気とは逆で、気持ちだけは晴れ晴れしているし、
何かこう、
よくわからない
やる気に満ちあふれているのに、
何か罰当たりなことでもしたんですかね、私。

まぁそれはいいんです。

先週のブログで、
むろあじさんが肉汁祭について書かれていたので、
私は私でこの前の土曜日のことを書きます。

ちなみに、
むろあじさんのブログでは、
私が”騒ぎはじめ”とありましたが、
べつに騒いでませんよ。
猛烈にプッシュしただけです。
餃子と唐揚げからしたたる肉汁、胸焼けなんて無問題!!
ビールで肉汁を中和すればいいんです!って。。。
そして優しい先輩2人が、
私の肉汁に対する熱意に応えてくださったんです。
企画に関しても
あれぐらい熱意をもって提出しろって話ですよね。

そして土曜日、
肉汁で勢いづいた私は
猛烈に何かを欲していたんです。
図書館へ行ったものの、
17時には閉館してしまい、
何かこう不完全燃焼だったんです。

そんな私は
あえて空気を読まずに
友人カップルに割り込んで、
原宿で行われていた、
VOGUE主催の『FASHION'S NIGHT OUT』に行ってきました。
リンク⇒http://banq.jp/8977

こちら去年も開催されていたイベント。
その時は自分には遠い世界だと思っていたのですが、
優しい友人に手をひかれて
初体験してきました。

原宿、表参道、青山と
あそこらへん一帯のお店が協賛して、
一夜限りの買い物パーティー。
各お店は、それぞれの出し物(割引券付きヨーヨーつりとか)を催したり、
その日限定のセールも開催されていたり。
そして、
フィンガーフーズとちょっとしたドリンクもフリーで提供。
飲んで食べて、歩き回って、
思考回路がゆるんだところで、
高い品物に手がのびる。

すごい広告だなと思いました。

あの一夜のためだけに、
お店はいろいろなコンセプトや
イベントを各自で仕掛けるわけです。
普段は敬遠して入らなかったお店も、
自分とは趣味が違って興味をもっていなかったあのお店も、
”夏祭り”としての目でみると、
敷居が低くなるし、
なんだか興味をひかれるお店になる。

そこで足を運んでもらい、
新たな客層を手に入れるわけでしょうか。
おもしろいイベントだと思いました。

いつもは21時ごろになると
静かになる原宿、表参道、青山でしたが、
あの日はきっと眠らない街になったのだと思います。

残念ながら、
自分では写真を撮りそびれてしまったのですが、
なかなか興味深い体験でした。

そして、
通りを歩く人を眺めていた思ったことは、
最近のファッションは
back to 80'sみたいな感じだなということ。
いや、むしろNEO 80'sみたいな。
どっか古くさいんだけど、
※あえて古くさいというのは、レトロ特有のエレガントさはないから
それを着ている人の化粧も髪型も
どこか不思議な雰囲気。
でもこれまた不思議にマッチしているようにも思えます。

私は80年代を数ヶ月しか体験していないし、
男も女も
TシャツGパンこそ至高というタイプなので、
ファッションとかよくわかりませんが、
”流行は繰り返す”
これだけはたしかなことだと
実感した1日でした。

その後は新宿に移動して、
やっぱりお酒をたしなみました。
デートの邪魔したのに、
優しく受け入れてくれた友人に感謝です。

はい、終わり。

posted by 染井六 at 15:50| 東京 ☀| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。