2014年06月25日

朝においしいもの



R0024193.jpg


わたしはハチミツが大好物.

家にないので、欲しかった。

けれど、ハチミツへの思いが邪魔をして、

地元のスーパーで安易に買う気にはなれず、

ハチミツが並んでいる棚の前は、横目で通り過ぎていた。


そしたらこの間、元気なハチミツおじさんに出会ってしまった。


「駐車場あります」の手書き看板の裏側に、

日焼けして文字が薄くなっているけれど、確かに

蜂蜜買えます」の文字が!

そのお向かいの民家にありました、巣箱が!

見ると、たくさんのミツバチがブンブン元気に行き来しています。



玄関でピンポンすると、笑顔の素敵な、

真っ黒に日焼けした顔のおじさんが出てこられました。

わたし:「ハチミツ買えますか!」

おじさん:「お!来たことあるん?うちは、○▲※♪♩□%!」

わたし:(・・・なんていったんだろうか)

わたし:「ハチミツ買えますか!?」

おじさん:「うん。買えるよ!」

ほ。よかった。



おじさんは、ずーっとべらべらしゃべりながら手を動かして、

絞ったばかりのアカシアのハチミツを瓶に入れてくれました。

写真 1.jpg


やった!やっとハチミツが手に入りました。


ところで、この辺り「あじさいの道」と言って、

道の両側に2kmほどに渡ってあじさいが植えられています。

今の時期すごくきれいなんですが、何とこのアジサイ

ハチミツおじサンが(奥さんと二人で)植えたのだとか!

今年は水飲み場を新設したんだぞ!と鼻の穴を広げながら

うれしそうに言っていました。

R0024167.jpg


今は、毎朝このハチミツをパンに塗って

おじさんの笑顔を思い出しながら

一日の元気をいただいています(^ー^)

R0024196.jpg



あきざる



posted by 染井六 at 11:33| 東京 ☀| Comment(2) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。