2014年05月15日

ものまね鳥と子育て初心者鳥

すっかり葉が展開し、井の頭の森も茂ってきました。
渡りの夏鳥を探すのにも一苦労します。
そんな薄暗くなった森に響く、キビタキの声。
姿を見つけることができたので、動画を撮影しました。

この個体はなかなかの歌い手で、美声でした。
そして突然、エゾハルゼミの鳴き声を真似しました。

ツクツクボウシの鳴き真似は定番で、多くの個体が
レパートリーにしているのですが、エゾハルゼミは初めて
聴きました。
JTP140512_5573.jpg
ミンミンゼミなんか真似してくれるとおもしろいのですが。

池に出ると、カイツブリの親子に出会いました。
JTP140514_01.jpg
雛鳥は2羽。かいぼりはやりましたが、池の中の生態系が
復活したわけではありません。水質浄化の面でも課題の
残る事業結果でしたが、少し池の透明度が上がったので、
餌が捕りやすくなったのでしょうか。

JTP140514_02.jpg
餌を与えようとしていますが、雛鳥が食べるには
ちょっと大きすぎるようです。テナガエビでしょうか。
親鳥でも丸呑みできないくらいの大きさです。
JTP140514_03.jpg
そりゃムリだって。

池は外来魚だらけで、餌となる在来生物が少なく、
さらに水も汚かったので、子育てできるほど餌が捕れず、
近年はこうした子育ての光景を見ることは困難でした。
久しぶりの子育てなので、慣れていないのかもしれません。

JTP140514_04.jpg
エビを少し細切れにしたようです。今度はどうでしょうか。

JTP140514_05.jpg
まだ大きいようですね。

JTP140514_06.jpg
これでどうや?

JTP140514_07.jpg
これでもまだ大きいようです。

JTP140514_08.jpg
子育て初心者による試行錯誤の連続。
とにかく、雛鳥が無事に成長し、親離れすることを
祈るばかりです。がんばれー。
ジョー



posted by 染井六 at 12:04| 東京 ☔| Comment(0) | 野鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。