2014年04月14日

きっかけは、ささみでした

こんにちは。

最近金欠が功を奏して
ささみの魅力に気づきまして、
調理が簡単という理由から
サラダfeat.ささみに落ち着いています。

ちぎって切って、まぜるだけ。
ささみはレンジで2分チンすればそれでOK。
なんて簡単なんでしょう。

サラダといっても
レシピをいろいろ調べてみると、
その種類は様々でした。

カフェ風なサラダが食べたいとか
オーガニックな食生活を送りたいのとか、
ロハスだかノマドだか、
もうよくわからないけど
横文字ならべときゃいいんだろう風サラダは憧れるけど、
材料費がかかるし、
めんどくさそうに思えてよくわからないので
その週安売りしている野菜を購入して
適当に皿の中でフューチャリングさせるだけにしています。
適当に混ぜても、
緑・黄色・赤
を入れておけば、
ある程度は美味しそうに見えるので大丈夫(だと思う)。

しかしそうすると
どうしても単調なサラダになってしまいます。
具材がありきたりになってしまいます。

そこで気づいた。
ドレッシングをとっかえひっかえすれば飽きないのではないだろうかと。

しかしここでも問題が。
ボトルで購入しても
すぐに使いきってしまう…。
しかも増税したしで微妙に高い。
ということで、
わかった。
自分で作っちゃえばいいんじゃないかと。

レシピを調べてみると、
ドレッシングって結構簡単!
家にある材料でぱぱっと作れてしまうのですね。
これは安上がりだし、
材料も自分で把握できるし
気分的に健康的!!(これは後付け)
そして何より美味しい!
薄味にも濃い味にも自分でアレンジできるので、すごくいい!

まずは基本の3種ということで、
和風ノンオイル・シーザー・胡麻 にしてみました。
IMG_3769.JPG

所要時間、
1種類5分もかからないです。

参考にさせていただいたレシピは
やはりクックパッド大先生。

*和風ノンオイル
http://cookpad.com/recipe/1644660
*シーザー
http://cookpad.com/recipe/1484125
*胡麻
http://cookpad.com/recipe/2263729

どれも美味しくて簡単でおすすめです。

そうそう、なんでも、
最近の0カロリー系の食品には
果糖ブドウ糖液糖という…
もうね、何回”糖”つけてるんですか?っていう、
果糖でブドウ糖で、さらに液糖という
複雑な成分が含まれているのもあるそうで。
※もちろん含まれていないものもありますよ!

こちらの果糖ブドウ糖液糖は、
血糖値を急激に上げる作用があり、
糖尿病のリスクがあがるとか。
調べたら、
遺伝子組み換えとかいろいろ体に良くなさそうな検索結果が多数ヒット。
とにもかくにも体にはよくないのはわかりました。

健康に気を使う人は、
ドレッシングとか身近なものから
修正していくのもいいのではないでしょうか?

私は体に悪いことが大好きなので
マイナスになった分だけ体に良い事もして
健康指数±0を目指しています。
いやまぁ、
ただ単純に全ては金欠から生まれたんですけどね、
さしみもドレッシングも。

そんなこんなで、ごきげんよう。


posted by 染井六 at 14:14| 東京 ☁| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月11日

甲信越の旅B 野沢温泉〜新潟(自宅)


こんにちは!
むろあじです。


先週先々週に引き続き、18きっぷで行く甲信越の旅。
一応今回が最後ですゆえ・・・。


前回は長野県の野辺山でしたが、
今度はそこから野沢温泉へ移動しました。

野沢温泉はですね、なんと外湯が13カ所もあって、しかも無料なんです。
地元の方たちが管理してくれているのです。
野沢温泉観光協会→http://www.nozawakanko.jp/spa/sotoyu.php

ということで、野沢温泉では外湯めぐりをしましたー。
私は一泊二日で6カ所の外湯に入りました。

DSC_2227.jpg
外湯の中でいちばん知られているのがこの「大湯」。
外観がきれいで趣があり、町のシンボル的存在。

夕方には、町の人たちも入りにきていました。
毎日温泉に入られるなんてうらやましー。

野沢温泉のお湯の温度は全体的に高め。
なので水を足したり、よく湯揉みをしたりして入ります。
特に入浴者の少ない午前中は激熱なので気をつけてください。

DSC_2230.jpg
そしてここは源泉の1つで麻釜(おがま)とよばれるところ。
100度近い熱湯で、もうもうと湯気を上げていました。
「熱湯で危険です。地元でゆで物をする人以外は中に入らないで下さい」

そういえば、外湯で同じときに入った女の子と話したら地元が一緒で、
その後たまたま入ったコーヒー屋でもまた会って、楽しくおしゃべりしました。
偶然の出会い、旅の醍醐味ですねー。


さてさて、野沢温泉で過ごした後は、
飯山線と上越線を乗り継いで実家に帰りました。

DSC_2248.jpg
魚野川。まだまだ雪がありました。

DSC_2256.jpg
姪っ子が見つけたフキノトウ。おいしかった。


星空がきれいなのでスマホのカメラで撮ってみました。
まぁスマホだし写ってないかなー・・・と期待せずにいたら、
なんとまぁ、たくさん星が写っていました。
(2段階クリックで大きくして見てね)

DSC_2283c.jpg
photoshopでコントラストをあげたら、こんなに写ってた。
真ん中よりちょっと右側に、星団か星雲らしきものも写っています。
(星が赤や緑になっているのは、画像処理の関係みたいです)


という感じで、楽しくお休みを過ごしました。
しかし、各駅停車の旅は、おしりが痛くなりますぞ。
お気をつけあれ。
(むろあじ)



posted by 染井六 at 16:37| 東京 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月10日

新刊NEWS『葉っぱで見わけ 五感で楽しむ樹木図鑑』

ジョーです。ご無沙汰しております。
バタバタしていて、先月発売された新刊のお知らせが未だでした。
f-4816355901.jpg
『葉っぱで見わけ 五感で楽しむ樹木図鑑』(ナツメ社)が先月、書店に並びました!

 葉で見わけるタイプの樹木図鑑を出したい、というナツメ社さんの要望を受け、
私が考えたのは、『葉で見わける樹木』(小学館)で、この分野を大きく発展させた
林将之さんです。『葉で見わける樹木』で学んで樹木観察をしてきた私にとって、
林さんは先生であり、ほかの方に著者を依頼することは考えられませんでした。
ところが、林さんは別の大プロジェクトに取り組んでいて、葉のスキャン画像の
提供と監修はなんとか可能だが、執筆までは難しいという状況だったので、
私は自分で原稿を書くことにしました。
樹木は野鳥と同じくらい好きだし、自分がフィールドワークで得た経験や
自然観察会で伝えていることを盛り込みたかったこともあります。
ただ、予想以上に原稿を書くということは大変でした。
 多くの時間と労力を費やしました。
葉のスキャン画像と樹木の関連写真の大半は
林将之さんに出していただきましたが、野鳥や昆虫の写真などは
私の手持ちから出し、足りないものは撮影しました。

ゴンズイという木があります。その名の由来は魚のゴンズイの体の模様からと
いわれるのですが、文だけよりも写真で見せたほうがいいわけです。
そこで、水族館に撮影に行きました。
gonzui_fish.jpg
gonzui_jyuhi.jpg
どうでしょう、似ていますかね。

 デザインはグラフィックデザイナーの西田美千子さんに白羽の矢を当てました。
食品関係のパンフレットやマニュアルなどの仕事の多い西田さんは、情報を整理して
伝えることに長けているので、図鑑制作に力を発揮してくれました。
カバー周りの美しいデザインはもちろん、P320ものボリュームのある本文デザインでも
奮闘していただきました。

 本書はツメのアイコンで検索していただく図鑑です。
アイコンの制作は小平のイラストレーター、柴垣茂之さんに依頼しました。
柴垣さんはスマートフォンや電子辞書のアイコンを作成するのが得意な
イラストレーターで、いいアイデアを出して下さいました。
アイコンだけではありません。袖の葉のシルエットや巻頭の葉のグラフィック、
女性のイラストまでいろいろと描いていただきました。

 カバーにはアクセント的に生き物のイラストを入れていますが、
これは柴垣さんと同じ、小平の尾川直子さんに描いてもらいました。
これがアクセントになり、さらにステキなカバーになりました。

 このようなチーム編成で制作し、スタートから約10か月。
出来上がった図鑑が書店に並んだときは嬉しかったです。

 私の自然観察のエッセンスを投入しました。
観察を五感で楽しむことを豊富に盛り込みました。
鳥や魚が掲載されている樹木図鑑は初めてだと思います。
私が1年近くをかけて全力投球した一冊、楽しんでいただければ幸いです。

ジョー
posted by 染井六 at 12:57| 東京 ☀| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。