2014年04月18日

アースデイ東京 明日からです!


こんにちは!
むろあじです。


3日連続アースデイ東京ですみません(>Д<)


4/19・20に代々木で行うアースデイ東京。
一昨日昨日と詳しく告知しているので、
今日は「明日だからねっ」という、念押しです。


header_edt14_w1020.jpg
http://www.earthday-tokyo.org/



昨日ジョーさんが自然観察会を紹介したので、
今日はブース内の紹介を。


ブックライブラリ.jpg
ブース内のメインはブックライブラリー。
図書室っぽい感じで本が読めたり買えたりします。



そして切り紙の達人が生きものの切り紙教室をしています。
とてもきれいに仕上がるので、ぜひチャレンジしてみてください。


さらに、編集室スタップが行うワークショップは簡単にできるので、
休憩がてら立ち寄っていただけるとうれしいです。


IMG_3801.jpg
いろいろな草木の種子を展示。
植物って遠くへ分布を広げるために、
種子にいろいろな工夫を凝らしているのです。
形もかわいいし、見ていて飽きません。
希望者には松ぼっくりの話と、松ぼっくりプレゼントします。



IMG_3808.jpg
種子の中には、羽がついてて風に乗って飛ぶものがあります。
羽つきの種子を紙で作って、くるくる飛ばして遊びましょう。



ヤエムグラ押し葉.jpg
あきざるが作った押し葉。
道ばたの草でも、こうして押し葉にすると繊細できれい。
押し花・押し葉を貼って、ステキなカードを作りましょう。



IMG_3806.jpg
「コップのフチ子」で有名な奇譚クラブさんが、
生きもののガチャガチャを置いてくれます。
ミニチュアのワイルドライフたちを手に入れてください。
※今回フチ子は置いてません(・ω・)




てな感じで、4/19・20のアースデイ東京、
ネイチャープロ編集室もいろいろやるますので、
代々木近辺にお出かけの際は、どうぞお気軽にお立ち寄りくさだい!
http://www.earthday-tokyo.org/



ではではー(・▽・)ノ
(むろあじ)





posted by 染井六 at 12:04| 東京 ☔| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月17日

ようこそ、代々木自然かんさつ会へ

こんにちは!
編集室のアースデイ東京2014への出展、言い出しっぺのジョーです。
今日は私たちの企画「BOOKガーデンにこにこいきもの青空教室」のメニューのうち、
「代々木自然かんさつ会」についてご紹介します。

私が「アースデイ東京」に自然観察会がないのはおかしい、
と考えたのがすべての始まりでした。

私は自然観察指導員として10年近く活動しています。
井の頭公園では2005年に「井の頭かんさつ会」を立ち上げ、
今までに自然観察会を108回開催してきました。自分のホームフィールド以外にも
都内各地の観察会でリーダーを担当し、時には企業から依頼されて
CSR活動の一環をお手伝いすることもあります。
活動の幅は広がり、イベントで自然観察会をやる機会もありました。
そのなかで最も大きなやりがいを感じたのがap bank fesです。
JTP120716_7423.JPG
JTP120716_7447 (1).JPG
ap bank fes'12での「つま恋自然かんさつ会」の様子

普段開催している自然観察会に参加するのは自然観察が好きな人や、
環境問題に関心の高い人、生き物が大好きな人ばかりです。
参加者とともに自然観察を楽しみながら、ともに探求し、
メッセージをお伝えするのはいいものです。
リピーターが増えて、月に一回の再会が楽しくなっていきます。
しかし、私は単に趣味を楽しむために自然観察会をやっているのでは
ありません。身近な自然観察の楽しさや奥深さを広く多くの
人に伝え、生物多様性に気づくことで大切に考えてくれる人を
一人でも多く増やしたいという想いでやっています。
それが一木一草を思いやる心になり、野放図な開発への歯止めに
なればと考えます。
そういう意味で、楽しいサロンだけでは世のため、人のため、
生き物のためにはあまり貢献できないといえます。

イベントでの観察会に手応えを感じるのは、一気に多くの
人に気づいてもらう場だからです。
ap bank fesのような音楽祭に来る聴衆のほとんどはライブが目当てで、
普段自然観察している人はきわめてまれです。そういう人たちを
ミニ自然観察会に連れ出して案内すると、気づきがあり、
価値観さえ変えてしまうこともあります。少なくとも、
観察会が終わったその時から、程度の違いこそあれど、
生き物やほかの人に思いやりをもてる人に変わるのです。

JTP120716_7506.JPG
ゆーじ君は一人で「つま恋自然かんさつ会」に参加し、
30分のミニ観察会を体験して感動してくれました。
JTP120818_9344.JPG
そして彼は、「みちのく自然かんさつ会」にも友人を
連れて遊びに来てくれました。すきやでアルバイトしている
いまどきの29歳は、初めてカエルにさわった!そうです。
遅すぎる体験ですが、経験の機会を提供できてよかったと
思います。

今、身近な自然がじわじわと失われています。
生物多様性の恩恵と重要性を理解せず、
商売と効率優先で開発するからですが、
多様性を損なうとともに、未来をも暗くしています。
子供たちが健全に遊ぶ場を奪うことでもあるからです。
他者や弱者を思いやることのできる健全な精神を
養う礎の一つは野遊びの原体験です。
自ら遊びを創造し、行動し、失敗し、怪我を負い、
時には小さな生き物の生命を奪ってしまう。
そういう経験をとおして、人は強くやさしくなれます。
残念ながら、野遊びの場がなくなり、そういう体験が
希薄になっているのが今の社会です。

できるだけ多くの人に気づいてもらうならイベントです!
私の参加している団体ではap bank fesのほか、環境省主催のみどりフェスタ、
エコプロダクツ展などでコンスタントに観察会をやっていますが、
アースデイ東京ではやっていませんでした。
10万人が来場するイベントに自然観察会がないのはおかしい!
という想いで、アースデイで自然観察会をやりたい!と言い出したわけです。

その想いに編集室の仲間が応えてくれ、本社も応援してくれて、
今回「BOOKガーデンにこにこいきもの青空教室」の出展が決まりました。
そのメニューの一つとして「代々木自然かんさつ会」が実現したのです。
そして、都内で活躍する自然観察指導員など、20人の仲間が協力してくれます。
アースデイ東京のメイン会場の喧噪から少しだけ離れて、
身近な自然を五感で楽しむミニ自然観察会をやるのです。

今まで木や草としかわからなかったもの一つ一つが何者かを知り、
それぞれの個性を知る。聞こえていなかった声を聴く。
リラックスする香りを楽しむ。
30分の自然観察会で価値観が変わります。
参加費は無料です。ぜひ、「代々木自然かんさつ会」に参加して下さい!
1075873_598342040249406_395087898_n.jpg
※定時の開催ではなく、参加希望者がいれば随時スタートします。
ブースの受付でお気軽に参加希望をお申し出下さい。

ジョー
posted by 染井六 at 21:13| 東京 ☀| Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月16日

アースデイ東京2014に出店します!


今度の週末に

代々木公園で開催される環境イベント、

アースデイ東京2014に出店します☆

スクリーンショット(2014-04-16 11.09.20).png


ブース名は「BOOKガーデン いきもの青空教室」です。

この看板が目印です。

R0024016.jpg


で、編集プロダクションが

環境イベントに出店して何をやるの?


はい。お得意の自然関連の本(小社制作)を展示販売して、

会社の宣伝をいたします。

というのが大義名分。

当日は、こんな感じになる予定です。

写真17.jpg


しかし〜、初参加のイベントで

果たして本が売れるのかしらん?


ん〜こればっかりはやってみないとわかりませんが(不安)、

自然に興味の深い人たちが大勢訪れる(であろう)イベント

ということで淡く期待しています。


けども、多くは「へ〜こんな本あるのね〜」って

閲覧していってくださるのみかなと。


で、ひょっとしたらその中の何人かは、

お家に帰ってからア○ゾン様で検索クリック、

数日後、書店でゲット・・・などをしてくださるかもしれない!

という半ば、希望的観測をもちましてコツコツ準備しています。


でもね、本を売るだけじゃないんですよ。

言い出しっぺのジョーさんが、

プライベートで自然観察会を開催しているので、

NACS-J自然観察指導員東京連絡会のご協力を得て、

今回もやってくれます。自然観察会。


いやいや、でもしかし編集室のイベントですから、

というわけで、わたしたちもできることを

しないとかっこつかないわけで、ワークショップをやります。


これまでの編集経験で蓄積してきた知識(!?)を使って、

種子散布のワークショップ、

それに押し花のワークショップをします。


当日は、スタッフが集めた各種種子が見られます。触れます。遊べます。

R0024018.jpg


押し花でステキな(?)ポストカードが作れます。

R0023997.jpg

R0024013.jpg



それと、今回は生きものフィギュアでおなじみの

奇譚クラブ」さんにもご協力いただき、

ブース前にガチャガチャを設置。


さらにさらに、切り絵アーティスト・鍋嶋通弘さんらを招いて、

生きもの切り絵ワークショップも同時開催。


そうです。

わたしたちの地味(かもしれない)ワークショップに

華を添えてもらうのです。


というわけで、いろいろな方々にご協力いただいて、

初出店にこぎつけられる予定です。

みなさん、ありがとうございます。


ここ数日スタッフは、文化祭のような工作を

ちょこちょことやっております。


当日の天気は悪くない模様。

みなさま、もしお近くにいらした際は、

ぜひ遊びに来てください!

スタッフ一同、元気が出ます。勇気が出ます。

やる気が出ます(^ー^)


アースデイ東京2014の詳細は公式HPコチラをご覧ください。

編集室のブースは「けやき並木」に並ぶ

「森林・緑化、生物多様性」ブロックの一角です。




【アースデイ東京2014_スタッフ紹介】

ジョーさん・・・言い出しっぺであり、観察会の統括者。
        で、たぶん記録係もやってくれるんだろな。ね?
むろあじ・・・・種子散布ワークショップ担当。
        代々木公園で斜面を転がりながら
        命がけで松ぼっくりを集めてくれました。
山下さん・・・・飾り付け担当。
        本業の合間に、かなりのめり込んで工作。
        仕上がりのうまさにスタッフみんな感激至極。
        いい人材が編集室に入ったな〜w
あきざる・・・・押し花ワークショップ担当。
        花材集めのおかげで、最近すっかり早起きが
        板についた。が、すぐ元通りになる予定。
荒井さん・・・・このプロジェクトの責任者。
        室橋さんとやっぱり命がけで松ぼっくりを
        集めてくれましたw

佐々木さん・・・プロジェクトのオブザーバー
三谷さん・・・・ドン


当日、晴れるといいなー


あきざる






posted by 染井六 at 12:11| 東京 ☀| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。